小、中学校、高校の次は在宅勤務がターゲット 

日本最大手の旅行会社JTB(東京都品川区)グループで、旅行・ライフスタイル情報を手がけるJTBパブリッシング(東京都新宿区)は、旅行情報誌「るるぶ情報版」の国内、海外版約200点の電子書籍を、4月26日まで無料公開する。 

無料公開する「るるぶ」

世界各地を想像で旅してもらうほか、各地域の地理や観光地、名産品を学んだり、新型コロナウイルスが終息した後に実施する旅行のプランニングに役立ててもらうのが狙い。 

るるぶは見る、食べる、遊ぶの末尾をとって名付けられた旅行雑誌で、2010年12月に発行点数世界最多の旅行ガイドシリーズとしてギネス世界記録に認定されたという。 

3月以降、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で休校となった小中高生向けに学習教材や英会話レッスン、プログラム作成レッスンなどを無償で提供する企業が多く現れたが、今後はこれら企業に代わって在宅勤務者を対象としたサービスや商品を提供する企業が増えそうだ。

文:M&A Online編集部