新規上場(IPO)銘柄で検証! 投資家が注目する企業はこれ

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

新規上場件数は、2016年92社、2017年94社、2018年が95社と年々増加しています。IPO人気は衰えません。2018年は、人工知能のHEROZ<4382>が公募価格4,500円に対して10倍以上の49,000円の初値をつけて話題になりました。また、メルカリ<4385>やソフトバンク<9984>の大型上場もあり、ニュースを賑わせました。

この記事は、2018年から2019年3月13日までに上場した銘柄の初値から、市場が注目している企業にスポットをあてたものです。需給バランスというフィルターを外し、市場が真に求めている企業や分野を炙り出します...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5