新規上場件数は、2016年92社、2017年94社、2018年が95社と年々増加しています。IPO人気は衰えません。2018年は、人工知能のHEROZ<4382>が公募価格4,500円に対して10倍以上の49,000円の初値をつけて話題になりました。また、メルカリ<4385>やソフトバンク<9984>の大型上場もあり、ニュースを賑わせました。

この記事は、2018年から2019年3月13日までに上場した銘柄の初値から、市場が注目している企業にスポットをあてたものです。需給バランスというフィルターを外し、市場が真に求めている企業や分野を炙り出します。

業者間取引プラットフォームのMマート
業者間取引プラットフォームのMマート


AI、SNS、サブスクリプションが人気銘柄に

まずは初値の上昇率が高かった企業から見ていきましょう。

順位企業名事業内容上昇率初値
1位HEROZ人工知能(AI)を活用したインターネットサービス+988.9%49,000円
2位アジャイルメディア・ネットワークソーシャルメディアの分析サービス「アンバサダープログラム」の提供+415.7%15,470円
3位ビープラッツサブスクリプションの販売・管理プラットフォーム+354.5%10,000円
4位MマートBtoBインターネットプラットフォームの提供+333.9%5,380円
5位ジェイテックコーポレーションX線ナノ集光ミラーの開発・販売、各種自動細胞培養装置等の開発+331.1%9,700円
6位RPAホールディングスロボットアウトソーシング事業、アドネットワーク事業+300.0%14,280円
7位サーバーワークスAmazon Web Servicesのインフラ基盤構築・運用など+276.6%18,000円
8位Kudan人工知覚技術の研究開発+276.3%14,000円
9位エーアイ音声合成に関連するソリューション+250.0%3,500円
10位ZUUメディア「ZUUonline」の運営+246.9%3,950円

やはり、AI関連が目立ちます。将棋の人工知能で知られるHEROZ、自動運転に活用が期待される人工知覚技術のKudan<4425>、人間らしい音声を合成するエーアイ<4388>がAI関連に該当します。

2位のアジャイルメディア・ネットワーク<6573>は、ソーシャルメディアを活用したマーケティングサービス。これまで、検索エンジンに最適化したリスティング広告などが新規上場の主流でした。マーケティングの世界も時代とともに変化しています。

ビープラッツ<4381>は、サブスクリプションと呼ばれる定額制サービスを構築するための、プラットフォームを提供しています。例えば、家電などの製品に月額サポートサービスを導入したい企業があった場合、同社のサービスを活用することで面倒な決済インフラの仕組みを整える必要がありません。

初値の上昇率が高い銘柄を見ると、次代を先取りした企業が並んでいるように感じます。

さて、ここからが本題です。