アサイードリンクの販売やカフェを運営するフルッタフルッタ<2586>が、上場廃止の崖っぷちに立たされています。2020年3月期中に債務超過を解消しなければ上場廃止となりますが、第3四半期の時点で10億円の債務超過状態。純損失も2億9000万円計上しており、穴の開いたバケツで沈みゆく船から水をかき出しているように見えます。

救いの手を差し伸べているのがEVO FUND(本社:ケイマン諸島)です。1月14日に577万株分の新株予約権を割り当てました。調達額はおよそ2億9000万円です。新株予約権の行使価額は1株当たり50円。発表前の株価は300円台で推移していました。なりふり構わず資金調達に奔走するフルッタフルッタですが、債務超過を解消する7億円以上の資金を得る目処はついていません。

この記事では以下の情報が得られます。

新株予約権発行でファンドが設けるカラクリ
・フルッタフルッタの業績推移と泥沼化した理由

アサイーブームの頂点でエグジット

2012年にカフェ事業を開始

フルッタフルッタが東京証券取引所から、上場廃止の猶予期間入り宣告がなされたのは2019年6月27日でした。同社は2019年3月期に7億9500万円の純損失を計上。7億7100万円の債務超過となったのです。6月6日に768円の高値をつけていた株価は、7月1日に381円まで50%超下落しました。

業績の推移を見れば、遅かれ早かれ債務超過になることは織り込み済みだったようにも見えます。4期連続で営業赤字の状態だったのです。

〇フルッタフルッタ業績推移(百万円)

2014年3月期2015年3月期2016年3月期2017年3月期2018年3月期2019年3月期
売上高2,8733,3442,5711,619
1,105
1,222
営業利益246106△474△507△537△752
純利益153201△683△591△586△795

決算報告書より筆者作成

フルッタフルッタ業績低迷の根っこにあるのはアサイーブームの終焉によるものです。下のグラフはGoogleトレンドで「アサイー」の検索数を調べたものです。2014年6月にピークを形成してから、減少し続けてます。売上はそれに呼応するように、2015年3月期に33億4400万円の頂点を迎えました。その後売上は半分以下の水準まで縮小し、営業利益は一度も出ない状態へと転落しています。

「アサイー」のGoogleトレンドを抜粋

フルッタフルッタの上場日は2014年12月17日。ピークを迎えたころに上場したことになります。上場時の株主にはジャフコ<8595>などが名を連ねており、ブームの終わりを迎える前にエグジットに成功したといえます。