「あの時」何があったのか 『TELL ME ~hideと見た景色~』

alt
©2022「TELLME」製作委員会

クライマックスのライブシーンに注目

とはいえ、映画『TELL ME ~hideと見た景色~』に注文がないわけではありません。クライマックスのライブシーンも実物の映像のほかに再現のパートがありますが、楽曲の合間に家族たちの姿を挿入したりという気持ちはわかるものの、そこは演奏シーンだけで押し通してくれた方が良かったです。

また、諸事情もあるかと思われますが、劇中ではhideが音楽を始めたところからhide with Spread Beaverまでの間に在籍した大きな二つのバンドのことはほとんど語られておらず、hideの足跡を辿るという意味では微妙な気持ちになるファンもいるかもしれません。

一方、キャスティングは正解。演者たちも健闘していると言っていいでしょう。

©2022「TELLME」製作委員会

ミュージシャンに限らずスポーツ選手や料理人など、特殊な技能を持っている人物を中心に据える時、その特殊技能を有する人に演技をさせるか、演技が上手い人に技能を習得させるか、という選択肢があります。

最近ヒットした『ボヘミアン・ラプソディ』『エルヴィス』は後者で、ラミ・マレック(フレディ役)やオースティン・バトラー(エルヴィス役)にトレーニングを積ませ、歌唱シーンを演じています。

一方で、本作では前者を選びました。劇中でhide with Spread Beaverを演じる面々はhide役のJUONを含め、ほとんどが現役のミュージシャンです。演技経験の少なかった彼らは自主的にワークショップなどに参加し演技を学んだと語っています。

hide with Spread Beaverのメンバーは今でも活躍している面々が多いですし、hideの楽曲の良さを伝えるためにも演奏シーンに重きを置いた方が正解だと言えるでしょう。

映画『TELL ME ~hideと見た景色~』は“あの時”を知る人々の記憶を呼び戻し、hideの死後、彼の音楽を知った人々にとっては「“あの時”なにがあったのか」を追体験することができる映画です。

いろいろな感情が出ては消える作品ゆえ、ネット上でも賛否両論ありそうです。

文:村松健太郎(映画文筆屋)/編集:M&A Online編集部

『TELL ME ~hideと見た景色~』  
7月8日(金)全国公開
出演:今井翼 塚本高史 JUON 津田健次郎 細田善彦
監督:塚本連平
脚本:福田卓郎 塚本連平
原作:松本裕士「兄弟 追憶のhide」(講談社文庫刊)
原案協力:I.N.A.「君のいない世界~hideと過ごした2486日間の軌跡」(ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス刊)
配給:KADOKAWA 
製作:映画「TELLME」製作委員会
©2022「TELLME」製作委員会
2022年/111分/ビスタサイズ/5.1ch

【hideオフィシャルサイト】
http://www.hide-city.com

©2022「TELLME」製作委員会

村松 健太郎 (むらまつ・けんたろう)

2002年から映画館勤務で業界入り。2016年頃から映画文筆家として活動を開始。脳梗塞を患ったために杖片手に試写室や映画会社を行ったり来たりしています。映画祭の審査員やインディーズ映画の宣伝などもしていますが、興行出身ということもあって、少しでも多くの人の足が劇場に向かってほしいと願う日々です。年間300本の新作とそれ以上の過去関連作を見て回っています。 

インスタグラムはこちら


NEXT STORY

高級レストランの舞台裏をノンストップで描く『ボイリング・ポイント/沸騰』

高級レストランの舞台裏をノンストップで描く『ボイリング・ポイント/沸騰』

2022-07-09

一年で最も賑わうクリスマス前の金曜日のロンドン。人気高級レストランのオーナーシェフ、アンディ(スティーヴン・グレアム)は妻子と別居し疲れきっていた。追い打ちをかけるように次々とトラブルに見舞われるアンディ。波乱に満ちた一日を切り抜けられるのか