合併は、2つ以上の会社が1つになる手法ですが、消滅会社の側からすると社員の士気低下につながるおそれがあります。この点、株式移転では、両者ともに持株会社の子会社となるので、片方が他方を飲み込んだ関係にならず、見かけ上は「兄弟」となります。M&Aの序列をつけたがらない日本人好みのM&A手法といえるでしょう。

株式移転を行うと、合併とは逆に子会社の数が増えてしまいます。会社の数が増えれば管理の手間が増えてしまいます。これが株式移転のデメリットです。また株式移転に反対する株主には、株式買取請求権が与えられます。

「〇〇ホールディングス」や「〇〇グループ」という社名の企業は、株式移転を伴って設立されている場合が多いです。

株式移転のメリット・デメリット

メリット
・見かけ上は「兄弟」会社となるため、序列をつけたがらない日本企業が好む
・企業文化が異なる会社による統合リスクを避け、統一ブランドで事業を展開できる

デメリット
・子会社の数が増えるため、管理の手間が増える

この記事は、公認会計士の監修のもと作成しております。

監修:公認会計士・税理士 高野新也/編集:M&A Online編集部