不二家は、西日本地域の事業規模の拡大、物流面を中心とした事業の効率化を図る事を目的に、スイートガーデンの株式を取得し、スイートガーデンを完全子会社とすることを発表した。

今回の株式取得に先立ち、スイートガーデンの埼玉工場及び九州工場は平成26年4月1日に会社分割(以下「本件吸収分割」といいます。)によって分離され、スイートガーデンの親会社である株式会社プレシアホールディングスの関係会社に承継される予定である。

スイートガーデンは、神戸、埼玉及び九州に工場を有し、和洋菓子等の製造販売を行っており、小売事業においては「タカラブネ」、「スイートガーデン」及び「スイートオーブン」の3つのブランドにより全国で店舗を展開している。

不二家は、スイートガーデンの神戸工場と不二家の関西地域の生産拠点である泉佐野工場との連携を深め、両工場の生産効率を高めると共に、事業規模の拡大によって、他地域の工場稼動率の向上を目指していくとしている。

取得株式数は21,926株(異動後の所有割合100%)。

取得価額は株式の対価の額950百万円、アドバイザリー費用等110百万円(概算額)。

株式取得実行日は平成26年4月1日を予定している。