ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【食べるM&A】ヤマザキビスケットとナビスコを食べ比べてみた

alt

いよいよ開幕したサッカーW杯ロシア大会。日本の初戦も目前に迫り、世の中のサッカー熱も上がっているところですが、その延長で日本国内のカップ戦にもぜひ注目を。
先週プレーオフ戦が終了し、9月に行われる準々決勝進出チームが出そろった「YBCルヴァンカップ」は、国内三大タイトルのうち唯一企業名を冠しています。Jリーグに疎い人でも「ヤマザキ・ナビスコカップ」「ナビスコカップ」と聞けばピンとくるはず。第1回開催時からヤマザキビスケット(YBC、旧ヤマザキ・ナビスコ)が冠スポンサーとなっていますが、この大会名称変更の背景には米モンデリーズ・インターナショナルとのライセンス契約終了がありました。 今回は、サッカーファンも騒がせた「ナビスコショック」後のヤマザキビスケットの商品とナビスコ商品を編集部の“舌”で検証してみます。

そもそも「ナビスコショック」とは?

山崎製パン傘下で製菓事業の中核を担っていた旧ヤマザキ・ナビスコ。業績も順調であった2016年2月、大きな転機を迎えました。同社で製造・販売してきた「リッツ」や「オレオ」などのナビスコブランド4商品について、米モンデリーズ・インターナショナルと結んでいたライセンス契約を8月末で終了すると発表したのです。ナビスコブランドの商品は年間売上高の約4割を占める主力製品。同社の2015年度の売上、営業利益はともに過去最高を記録しており、ヤマザキグループ内でも利益貢献度が高い子会社でした。突然の契約終了発表の衝撃は、親会社である山崎製パンの株価は14%急落し、「ナビスコショック」として世間を騒がせたほどです。
このライセンス契約終了を機に、9月に社名をヤマザキ・ナビスコからヤマザキビスケットに改め、「ルヴァン」をはじめとする数々のナビスコブランド商品の後継商品を発売。一方、「リッツ」や「オレオ」などのナビスコ商品は海外で生産され、モンデリーズの日本法人であるモンデリーズ・ジャパンを通して引き続き日本でも販売されています。

NEXT STORY

食べるM&A パン業界の巨人、山崎製パンが見せた製菓業界への“進撃”

食べるM&A パン業界の巨人、山崎製パンが見せた製菓業界への“進撃”

2017/06/16

製菓業界でも存在感を増してきた山崎製パン。パン業界の巨人による製菓事業への“進撃”の足跡を辿ってみました。どうやらM&Aによって人気菓子ブランドを効率よく獲得してきたようです。そして、昨年世の中に衝撃を与えた“ナビスコショック”の影響はいかに?