ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【食べるM&A】ヤマザキビスケットとナビスコを食べ比べてみた

alt

ナビスコとYBCの商品をいざ実食!

【勝負その1】リッツvsルヴァン

一番の違いはその形状。丸いリッツに、四角いルヴァン。ルヴァンの方がやや厚め。

リッツ派の意見

「リッツの方が塩気が強くて味がしっかりしている」
「食べなれた味」
「薄い方がチーズなどいろいろ載せて楽しめる」
「甘味と塩加減がちょうどいい」

ルヴァン派の意見

「ルヴァンは甘みがある」
「厚みがある分、食感がいい」
「バターの風味を感じる」
「リッツは塩気が強くてパサパサしている気が…」

結果:1票差でリッツの勝ち!

【勝負その2】オレオvsノワール

ほぼ瓜二つのオレオとノワール。果たして違いはあるのか…。

オレオ派

「苦味が控えめ」
「慣れ親しんだ味」
「ちょうどいい甘み」

ノワール派

「ビターな大人の味がいい」
「噛んだ瞬間の苦味がよい」
「オレオは甘すぎる」

結果:1票差でオレオの勝ち!

【勝負その3】プレミアムvsルヴァン クラシカル



Amazon.co.jpより

こちらもほとんど見た目的には違いはなさそうな、シンプルなクラッカー。

プレミアム派

「塩味が控えめで、見た目も香ばしい感じ」
「生地がおいしい」 

ルヴァン クラシカル派

「香りが立っている」
「ルヴァンの方が丁寧に作られている。プレミアムは焼き具合などが雑」
「塩味がきいている」

 結果:2票差でルヴァン クラシカルの勝ち!

※これらの結果は全て個人の感想をもとにしたものです。

NEXT STORY

食べるM&A パン業界の巨人、山崎製パンが見せた製菓業界への“進撃”

食べるM&A パン業界の巨人、山崎製パンが見せた製菓業界への“進撃”

2017/06/16

製菓業界でも存在感を増してきた山崎製パン。パン業界の巨人による製菓事業への“進撃”の足跡を辿ってみました。どうやらM&Aによって人気菓子ブランドを効率よく獲得してきたようです。そして、昨年世の中に衝撃を与えた“ナビスコショック”の影響はいかに?