春到来。花見や新生活スタートなどで集まって飲食する機会も多い。しかし、その席に並ぶお酒や食べ物、選んだお店がどのような戦略でM&Aを行い事業をのばしてきたのか。ふと思いを巡らせてみたい。

【アサヒグループホールディングス】欧州ビール事業4社大型買収までの布石

【コロワイド】市場縮小もM&Aにより成長軌道へ

【関連記事】

【ワタミ】介護事業撤退もリスク分散のM&Aで復活か? 今後に注目

【ゼンショーホールディングス】アグレッシブなM&Aで年商5000億企業へ

【M&Aインサイト】ワタミの企業力分析

日本のM&A。その潮流を問う-早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー(前編)

【関連ニュース】

フジオフードシステム<2752>、はらドーナッツを子会社化

エー・ピーカンパニー<3175>、米国の日本食レストランを譲受

アスラポート・ダイニング<3069>、フジタコーポレーション<3370>と業務・資本提携

ワタミ<7522>と精米卸販売会社、資本業務提携

ダイドードリンコ<2590>、トルコの飲料製造会社3社を子会社化

日本たばこ産業<2914>、飲料自販機オペレーター事業子会社と飲料ブランドを譲渡へ

まとめ:M&A Online編集部