menu
Social media

ビジネス

食べるM&A テーブルマークの冷凍パン 美味しさのヒミツ

Cover 04808633 d733 4da0 b2d1 c5442ef841c0

インバウンド需要の増加で冷凍パンに注目が集まっています。今年5月、冷凍食品大手のテーブルマークが冷凍パンの生産能力を1割高めたと報じられました。ホテルの朝食などで手軽に提供できるうえに、外食店でも人手不足に対応できる商品としてニーズがあるようです。調理の手間を省くことができるだけでなく、廃棄を減らせるという点もメリットとのこと。

業務用冷凍パンの需要が高まる中、テーブルマークでは家庭用の冷凍パンも販売しています。

焼きたてを独自技術で急速冷凍したパンは、テレビや新聞などのメディアでも美味しいと話題に。実は、その美味しさの裏側には、テーブルマークという会社の成り立ちが深く関わっているのです。


テーブルマークは、2008年に冷凍うどんなどで知られる「加ト吉」と「日本たばこ産業(JT)」が事業統合して生まれ、2010年に現在の社名となりました。とはいえ、冷凍さぬきうどんなど、加ト吉時代からの主力商品は現在も「カトキチ」ブランドの名を冠しています。

一方のJTには、実はパンの製造や販売を手掛ける「サンジェルマン」がグループ傘下にいました。元々は東急グループだったサンジェルマンを2002年にJTが完全子会社化したのです。サンジェルマンが東急ストアや東急百貨店などに多いのは、その名残といえるでしょう。

こうして、加ト吉の冷凍加工技術とサンジェルマンの製パン技術が合体し、2008年に業務用冷凍パン「ディライトベーカーズ」、2011年に家庭用冷凍パン「ベーカーズセレクト」という商品が生まれることとなりました。焼きたてのパンを急速冷凍することで、食感を損なうことなく、美味しい冷凍パンが出来上がったのです。


【次のページ】「サンジェルマン」と「ベーカーズセレクト」を食べ比べ

食べるM&A

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

食べるM&A ミツカン 納豆業界の風雲児に

食べるM&A ミツカン 納豆業界の風雲児に

約20年前に納豆業界に本格的に進出してきたミツカン。その積極的な商品開発とM&Aで、「おかめ納豆」で知られるタカノフーズの独走状態だった納豆業界の勢力図を書き換えました。常にチャレンジングな姿勢を崩さないミツカンの納豆のすごさを検証します。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333