ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【食べるM&A】ヤマザキビスケットとナビスコを食べ比べてみた

alt

ヤマザキビスケットの反撃はいかに?

編集部の独断と偏見による味勝負ではナビスコ商品に軍配が上がりましたが、ヤマザキビスケットは果たして「ナビスコショック」を乗り越えられたのでしょうか。 ヤマザキビスケットの2016年12月期の決算を見てみると、売上は3.7%減の388億円、営業利益は27.6%減の25億円と、数ヶ月とはいえ「ナビスコショック」の痛手が見てとれます。2017年12月期の計画では、売上367億円、営業利益18億円を目標に掲げていましたが、どちらも達成できていません。営業利益にいたっては、目標の1割にも達していません。

■ヤマザキビスケットの売上・営業利益 (単位:百万円)

2015年12月期 2016年12月期 2017年12月期
売上 40,291 38,813 32,717
営業利益 3,414 2,507 166
Amazon.co.jpより

そんな危機的状況の中、昨年12月に新たに発売されたのが「ルヴァン プライム スナック」。赤をメインカラーにしたパッケージに、丸い形状。これは、「リッツ」を彷彿とさせる商品です。青箱の「ルヴァン」との違いは何かあるのかと食べてみても、その違いはほぼ感じません。原材料をチェックしてみると、「ルヴァン プライム スナック」にはライ麦粉がないだけ。

このタイミングで「リッツ」により近い商品が発売されたのには、類似製品の製造販売を制限する期間を米モンデリーズ・インターナショナルとの間で取り決めていたことが背景にあります。その制限が解かれ、従来のリッツに近いレシピとイメージの商品を満を持して発売したというところなのでしょう。

2018年12月期計画でヤマザキビスケットが目指すのは、売上375憶円、営業利益21.7億円。果たして「ルヴァン プライム スナック」は「リッツ」から定番クラッカーの座を奪えるのか。今後の認知度アップと売上への貢献の行く末を見守っていきたいところです。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

食べるM&A パン業界の巨人、山崎製パンが見せた製菓業界への“進撃”

食べるM&A パン業界の巨人、山崎製パンが見せた製菓業界への“進撃”

2017/06/16

製菓業界でも存在感を増してきた山崎製パン。パン業界の巨人による製菓事業への“進撃”の足跡を辿ってみました。どうやらM&Aによって人気菓子ブランドを効率よく獲得してきたようです。そして、昨年世の中に衝撃を与えた“ナビスコショック”の影響はいかに?