今日、2月14日はバレンタインデー。近年、ハロウィンの勢いに圧倒されてきたバレンタインデーだが、今年のバレンタインは昨秋のハロウィンの市場規模1345億円を上回る結果となりそうだという。日本記念日協会によると、2017年のバレンタインデーの市場規模は推計約1385億円とのこと。前年の約1340億円と比較すると約3%増となり、これは2012年のバレンタインデー史上最高額約1380億円を超えるものだ。

そんな拡大傾向にあるバレンタイン市場に、今年はなんとカップ麺業界の参戦が本格化してきた。

その先陣を切ったのが、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」。同社は昨年1月に既に第一弾を早くも発売、昨年12月5日にはクリスマスなどのパーティーシーズンに向けた「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ショートケーキ味」を発売しており、スイーツ系カップ麺のまさに先駆者的存在だ。今年も「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」をグレードアップさせ、年明け早々1月9日に発売した。新たにサクサク食感の後のせかやく「謎チョコキューブ」を採用し、麺とソースの甘さと香りをアップさせて、よりスイーツ感の高い商品に仕上げたそう。

さらにその1週間後である1月16日には、まるか食品の「ペヤングチョコレートやきそばギリ」が新登場。こちらは、インターネット上の猛者たちによると、かなりストレートなチョコレート味だそうで、話のタネにはなるかもしれない。

そして、さらにその1週間後である1月23日には、東洋水産から「マルちゃん甘ーいきつねうどん」が発売。定番商品「赤いきつねうどん」のつゆをより甘めの味わいにしたという。