海外に活路を見出すビール大手

そろそろビールが美味しい季節。あなたのごひいきビールはありますか? 昨年のビール系飲料の課税済み出荷量はアサヒビールが首位を守り、7年連続でトップを走り続ける結果に。けれども、2016年のビール系飲料出荷量は4億1476万ケース(1ケースは大瓶20本換算)で前年比2.4%減の過去最低となり、国内のビール市場が縮小傾向にあるのは否めません。そうなると、各メーカーが目を向けていくのが海外市場です。
ビール大手4社ともに、海外展開ではライセンス供与や資本提携、現地メーカーの買収といった戦略をとっています。特に海外M&Aは積極的に行われており、サントリーが2014年に「ジムビーム」などを抱える米ビーム社を、キリンが2015年にミャンマーのビール大手ミャンマー・ブルワリー、さらに2017年に同国のマンダレー・ブルワリーを買収したとのニュースは記憶に新しいはず。
そんな中、海外市場へのアピール手段として、アサヒビールの異色ともいえる買収が際立ちます。2014年、創業180年以上の歴史ある老舗料亭「なだ万」をグループ傘下に収めたのです。アサヒビールが外食企業を買収するのは初めてとのこと。

「なだ万」買収の“旨味”とは?

買収時のニュースリリースによれば、その目的は「老舗料亭の経営ノウハウを取得し、外食企業に対する営業提案力の強化につなげること。海外進出を積極化している外食企業に対しても、ノウハウの提供が可能となる」「国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された『和食』文化をリードしてきた『なだ万』ブランドを、グループ力を活用し、日本国内および世界に広めていくこと」と発表しています。つまり、今回の買収で老舗の経営ノウハウを武器に、店舗向けの業務用販路の拡大、特に海外展開を視野に入れている店舗への営業力を強化し、海外に対しては和食ブームの波に乗る形で「なだ万」ブランドを通じてアサヒビールの存在を確固たるものにしていこうということです。いわば、アサヒビールの世界浸透への土台づくりといえます。