「あんぱん」でおなじみの“キムラヤ”。漢字で書く際、「木村屋」か「木村家」かで迷ってしまうなんてことはありませんか。でも、よくよく考えてみると、どちらも見たことがある気がするのは気のせいではありません。では、「木村屋」と「木村家」の違いは何なのか。その素朴な疑問の答えを見つけるべく、リサーチしてみました。

歴史に見る「木村屋」と「木村家」

1869(明治2)年に、木村安兵衛と次男の英三郎が前身となる文英堂を創業。翌年、火災のために店舗を焼失し、場所を変え、屋号も「木村屋」と改めて営業を再開しました。

人気の「酒種あんぱん」は種類も豊富。Photo by gamemall104

1874(明治7)年には、現在の看板商品でもある「酒種あんぱん」を発明し、瞬く間に評判となったのだそうです。以前から木村親子と親交のあった山岡鉄舟も「酒種あんぱん」をいたく気に入り、「木村家」の看板を揮毫しました。原物は関東大震災で焼失してしまいましたが、現在の銀座木村家に掲げられている看板であり、シンボルマークでもあります。

と、ここで既に「木村屋」と「木村家」が入り乱れることに。真相は定かではありませんが、鉄舟が間違えて「家」と書いてしまったという説も。いずれにしても、親子で経営していたパン屋であり、木村親子に向けて贈られたものなので、「木村家」でもあながち間違いではないともいえます。
1930(昭和5)年には「木村屋總本店」として株式会社化し、現在に至ります。ちなみに、銀座本店の運営は2009(平成21)年に設立された「銀座木村家」に委ねられています。

現在、「木村屋總本店」はスーパーやコンビニ向け製品のブランド名、「木村家」は銀座本店、直営店向け製品のブランド名として使用されているとのこと。また、屋号としての「木村家」は鉄舟の看板に由来し、暖簾分けの際に「木村屋一家」という意味を込めて独立する職人たちに授けたのだといいます。ただし、親戚や特別な縁故者には「木村家」ではなく「木村屋」という屋号を与えたのだとか。鉄舟の看板と、暖簾分けの際の屋号の使い分けが事を少し複雑にしたようです。