menu
Social media

ビジネス

コロワイドのフレッシュネス買収 利用者にどんな影響?

Cover 6d2550ca bcbf 49ae 8699 c4a1f6f2d39c

先週、外食業界で話題を呼んだM&Aがある。外食大手のコロワイド<7616>がハンバーガーチェーンのフレッシュネス(東京・中央)の買収を発表したのだ。フレッシュネスは「FRESHNESS BURGER」を運営する。カフェのようなアメリカンスタイルのおしゃれな店で、素材にこだわった高品質のバーガーを提供する。健康志向の女性からボリュームのあるバーガーを食べたい男性まで根強いファンを持つ。

一方のコロワイドは、「手作り居酒屋 甘太郎」を主力とする大手外食企業だ。2012年に焼肉の牛角などを運営するレックスホールディングス(現レインズインターナショナル)を子会社化、14年に回転寿司を運営するカッパ・クリエイトホールディングスを子会社化するなど、積極的なM&Aで業績を伸ばしてきた。


それでは、フレッシュネスがコロワイドの傘下に入るとどんな影響が出そうか。

まず考えられるのは店舗数の拡大だ。フレッシュネスは首都圏を中心に159店舗を運営する。これは最大手の日本マクドナルドホールディングスの約2900店舗と比べて20分の1の規模。2007年にフレッシュネスを傘下に収めた現親会社のユニマットグループは飲食だけではなく、オフィスやリゾート、介護など幅広い事業を展開していることから、出店のスピードが限定的になったようだ。

これに対し、11月から親会社になるコロワイドは外食が専業。2016年3月期の連結売上高は2341億円と前期比32%増、グループ店舗数はフランチャイズチェーン(FC)を含めて約2500店舗とマクドナルドに迫る。今後は店舗開発の豊富なノウハウを活かして、フレッシュネスの出店を加速できる可能性が高い。

【次のページ】 価格戦略の見直しと株主優待

食べるM&A

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(上)

ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(上)

ファミリーレストランのジョナサンはすかいらーくグループの子会社として設立され、順調に業績を伸ばしてきました。しかし、すかいらーくの業績悪化に伴い、2012年にジョナサンは親会社に吸収合併されました。約30年間ジョナサンに勤務した元社員が吸収合併の舞台裏を赤裸々に語ります。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c