menu
Social media

ビジネス

【接待・会食】美味い店は経営者に聞け! ~ストライク・荒井邦彦社長の場合~

Cover be4c7e93 199f 494d b577 f0f7711f4872

「次の接待の店はどこにしよう……」「最近、飲み会の店選びがマンネリ気味になってきた」なんて悩みを解決!  ビジネスの一線で活躍する経営者がリアルにビジネスシーンで活用しているおすすめ店を紹介する。接待や会食など店選びの参考にして、ビジネスチャンスを掴もう!

株式会社ストライク 荒井邦彦社長のおすすめ
久保田(東京・銀座)

落ち着いた雰囲気でゆっくりくつろげる個室

新潟の蔵元「朝日酒造」が直営する「久保田」は、都内で新潟のお酒と郷土料理が存分に堪能できる店だ。
「新潟出身の(ストライク)副社長に、『酒の飲めない奴は信用できない』と言われ、同じく朝日酒造直営店の『越州』に連れて来られたのが最初。それから10年近く、『越州』も『久保田』も社内外の飲み会や接待で使っています」と店との出会いを語る荒井社長。副社長の行きつけだったはずの店が、気が付けばいつの間にか自分の行きつけへと変わっていた。

「越州」も「久保田」も気軽に飲めるところが魅力。なかでも「久保田」は、銀座という立地と大小の個室があることから、接待にはうってつけだという。

見た目にもジューシーな「栃尾の油揚げ」

必ず注文したい鉄板の一品

荒井社長がおすすめする「久保田」の料理は「栃尾の油揚げ」。新潟県のほぼ中央に位置する栃尾の名物だ。栃尾には油揚げ屋が20軒近くあるのだとか。通常の油揚げの約3倍という迫力ある見た目とは裏腹に、ふっくらした繊細な口当たりがやさしい。「これは必ず注文しますね」と荒井社長も太鼓判を押す。他にも炭火でじっくり焼き上げた「のど黒塩焼き」や、くわいを薄くスライスして揚げた「くわいせんべい」、里芋料理「きぬかつぎ」と次から次へとおすすめ料理が出てくるあたり、さすが行きつけの店だ。

月見酒におすすめの「純米大吟醸 得月」(年1回、9月限定出荷)

もちろん、蔵元が直営する店だけに、どの料理も日本酒に合わないはずがない。メニューには店名にも掲げられている「久保田」をはじめ、「朝日山」「越乃かぎろひ」など朝日酒造の銘酒が名を連ねる。そんな数多く用意された日本酒の中でも、荒井社長のお気に入りは季節限定の「得月」。精米歩合28%にまで磨き上げた、何とも贅沢な純米大吟醸だ。「ボトル1本1万円くらいするんですが、飲み始めるとハマってしまって止められなくなる。まるで悪い女にひっかかったかのようですよ」と、荒井社長は苦笑する。

NEXT STORY

創業20年。今年、“ハタチ”を迎える企業

創業20年。今年、“ハタチ”を迎える企業

「成人の日」にちなみ、2017年に創業20年を迎える会社の中から、私たちの生活になじみのある企業をピックアップ。時代を色濃く反映したラインナップとなりました。20年続く会社は約5割とのこと。そんな厳しい道を生き抜いてきた企業とは?


注目の記事

Thumb 6e2b0894 dddf 48d6 9c6c 95c785840927

東芝劇場~衝撃の結末は?

過年度決算訂正が終わったかと思ったら、減損問題で揺れる東芝ですが、現在進行形の劇場型で事件が進展しています。会計の専門家でも難しい内容をできる限り平易に解説したいと思います。少し長いですがお付き合いください。

Thumb 57a93bea e21c 4c0f a662 2157dcad9265
Thumb ffcb40ef b290 43bc b082 0eaad1cc55bf
Thumb a089c712 ccf0 47a5 aae6 fa3d5cfe198d