menu
Social media

ビジネス

【接待・会食】美味い店は経営者に聞け! ~ストライク・荒井邦彦社長の場合~

Cover be4c7e93 199f 494d b577 f0f7711f4872

「次の接待の店はどこにしよう……」「最近、飲み会の店選びがマンネリ気味になってきた」なんて悩みを解決!  ビジネスの一線で活躍する経営者がリアルにビジネスシーンで活用しているおすすめ店を紹介する。接待や会食など店選びの参考にして、ビジネスチャンスを掴もう!

株式会社ストライク 荒井邦彦社長のおすすめ
久保田(東京・銀座)

落ち着いた雰囲気でゆっくりくつろげる個室

新潟の蔵元「朝日酒造」が直営する「久保田」は、都内で新潟のお酒と郷土料理が存分に堪能できる店だ。
「新潟出身の(ストライク)副社長に、『酒の飲めない奴は信用できない』と言われ、同じく朝日酒造直営店の『越州』に連れて来られたのが最初。それから10年近く、『越州』も『久保田』も社内外の飲み会や接待で使っています」と店との出会いを語る荒井社長。副社長の行きつけだったはずの店が、気が付けばいつの間にか自分の行きつけへと変わっていた。

「越州」も「久保田」も気軽に飲めるところが魅力。なかでも「久保田」は、銀座という立地と大小の個室があることから、接待にはうってつけだという。

見た目にもジューシーな「栃尾の油揚げ」

必ず注文したい鉄板の一品

荒井社長がおすすめする「久保田」の料理は「栃尾の油揚げ」。新潟県のほぼ中央に位置する栃尾の名物だ。栃尾には油揚げ屋が20軒近くあるのだとか。通常の油揚げの約3倍という迫力ある見た目とは裏腹に、ふっくらした繊細な口当たりがやさしい。「これは必ず注文しますね」と荒井社長も太鼓判を押す。他にも炭火でじっくり焼き上げた「のど黒塩焼き」や、くわいを薄くスライスして揚げた「くわいせんべい」、里芋料理「きぬかつぎ」と次から次へとおすすめ料理が出てくるあたり、さすが行きつけの店だ。

月見酒におすすめの「純米大吟醸 得月」(年1回、9月限定出荷)

もちろん、蔵元が直営する店だけに、どの料理も日本酒に合わないはずがない。メニューには店名にも掲げられている「久保田」をはじめ、「朝日山」「越乃かぎろひ」など朝日酒造の銘酒が名を連ねる。そんな数多く用意された日本酒の中でも、荒井社長のお気に入りは季節限定の「得月」。精米歩合28%にまで磨き上げた、何とも贅沢な純米大吟醸だ。「ボトル1本1万円くらいするんですが、飲み始めるとハマってしまって止められなくなる。まるで悪い女にひっかかったかのようですよ」と、荒井社長は苦笑する。

NEXT STORY

【中小企業のM&A】M&A仲介機関の選び方

【中小企業のM&A】M&A仲介機関の選び方

​近年では、高まるM&Aニーズに応えるため、金融機関でもM&A支援業務に力を入れるところが増えてきました。中小企業向けには、銀行・信用金庫、証券会社、M&A仲介会社などがありますが、自社の相談相手にふさわしい機関を見つけることが、M&Aを成功させるための第一歩といえます。


注目の記事

Thumb ea53dea8 87a4 4d4c b99c 6cbf3f39d559

500円ピザのナポリスが、遠藤商事倒産の業火から不死鳥の如く蘇った件

500円で本格ピザが食べられるお店「ナポリス」を運営していた飲食ベンチャー遠藤商事が、今年4月に倒産。「ナポリス」の存続が危ぶまれましたが、10月に新体制の下、再スタートをきりました。500円ピザの「ナポリス」に何が起きて、今後どうなるのか。その詳細について説明します。

Thumb 30bba576 7cac 4115 bad8 0c395f26861f
Thumb b243ff45 3f0c 4274 91c3 555b1c09704f
Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d