明星食品が日清食品グループとなったのは2006年12月のこと。あれからもうすぐ10年――。

同じカップ麺業界ということで、商品に統合の片鱗を見出せるのでないかと、両社を代表する商品を食べ比べて検証してみました。

■【ラーメン編】カップヌードル VS チャルメラ

日本を代表するカップ麺「カップヌードル」(日清食品)と今年50周年を迎えた「チャルメラ」(明星食品)。


まずは中身をチェック!

蓋を開けた瞬間からして、カップヌードルの具材の華やかさに目が奪われます。

写真左が「カップヌードル」(日清食品)、右が「チャルメラ」(明星食品)

写真左が「カップヌードル」(日清食品)、右が「チャルメラ」(明星食品)

一方のチャルメラは、チャーシュー、ネギ、メンマといった素朴な印象。目に見える具材の統合は、どうやらなさそうです。

お湯を注いで待つこと3分……。

改めて食べ比べてみると、カップヌードルの完成度の高さに驚かされます。チキンやポークのエキスの旨みを感じるスープ、ただの麺だと思っていたらちょっぴり平たい麺、そして彩りを添えるタマゴとエビたち。

ただ、チャルメラも負けてはいません。スープと麺は、はずれのない安定感があります。

とはいえ、残念ながら味の面でも特に共通点を見つけることはできませんでした。

【次のページ】カップ焼きそばに期待!?