第一製パンが4.5億円から9億円の最終赤字に大幅修正、ポケモンパン依存からの脱却が必要か?

alt
画像はイメージ(Photo by Pexels)

第一製パン<2215>が2022年8月15日に、2022年12月期の業績予想の下方修正を発表しました。4億5,000万円としていた純損失額を、8億9,900万円へと大幅に引き下げました。

横浜工場(横浜市)を閉鎖し、同工場の生産を小平工場(東京都小平市)などの関東3工場に集約することを決定。この事業構造改善費用11億4,900万円を2022年12月期第2四半期に計上したためです。

第一パンは拠点を集約することで生産性を向上し、キャラクター商品の売上伸張によって早期の通期黒字化を目指すとしています。

しかし、第一パンは売上高の減少が継続しているうえ、競合他社と比較して原価率が高い傾向にあり、いち早く主力商品である「ポケモンパン」に代わるヒット商品を市場投入するための研究開発、マーケティング強化を進める必要があると考えられます。

この記事では以下の情報が得られます。

・第一パンの業績推移
・競合他社との原価率の比較

6期連続の減収を見込む

第一パンは2016年12月期に4億6,400万円の営業利益を出しましたが、それ以降は一度も本業の稼ぎである営業利益を出していません。また、2016年12月に増収となってからは減収が続いています。

決算短信より筆者作成(売上高の目盛りは左軸、営業利益の目盛りは右軸)

国内のパン市場が縮小しているようにも思えますが、1世帯当たりのパンの年間平均支出額は2016年から堅調に推移しており、むしろ上昇傾向にあります。

※総務省統計局「家計調査」より筆者作成

2018年のパンの支出額は前年比1.9%増の30,554円、2019年は同5.2%増の32,164円でした。しかし、第一パン2018年12月期の売上高は前期比5.5%減の251億4,500万円、2019年12月期は1.6%減の247億5,100万円でした。

食パンの支出額はコロナ禍で外食が控えられたことにより、2020年は前年比4.1%増の10,327円と好調でした。2021年はやや数字を落としたものの、1万円台をキープしています。この時期も第一パンの売上減に歯止めはかかりませんでした。

競合で売上高が同規模の日糧製パン<2218>は、2021年3月期の売上高が前期比3.2%のマイナスでしたが、翌期は増収。2023年3月期の売上高も前期比1.3%増を予想しています。

業界トップの山崎製パン<2212>は、2020年12月期の売上高が前期比4.3%の減収となったものの、2021年12月期は3.7%のプラス。2022年12月期も増収を予想しています。

第一パンは1998年6月に発売した「ポケモンパン」が主力。このシリーズはもともと山崎製パンから発売する予定でしたが、発売の直前に起こったポケモンショック(テレビアニメの放送中に一部視聴者が光過敏性発作等を起こして救急搬送された放送事故)を受けて撤退。第一パンが手掛けることになりました。

「ポケモンパン」のヒットにより、第一パンはプリキュアやミニオンなど、人気アニメの登場人物などを起用したパンを次々に開発し、キャラクター商品が売上高を支えるようになりました。

しかし、キャラクターのライセンス料が、第一パンの利益を押し下げている可能性があります。

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

第一屋製パンが2期連増の最終赤字に 再建にM&Aも

第一屋製パンが2期連増の最終赤字に 再建にM&Aも

2019-12-11

黒字転換を目指していた第一屋製パンの2019年12月期の当期損益が2期連続の赤字に陥ることになった。経常損益も黒字予想から2期連続の赤字に転落、営業利益は当初予想通り3期連続の赤字となる。