オリオンビールを買収した投資ファンド「カーライル・グループ」とは

alt
国内5位のオリオンビール

チムニーの再上場、やまやへの持ち株売却で220億円を手に

チムニーの宴会コース
豊富なメニューをそろえるチムニー(画像は決算説明資料より)

カーライルは2009年に居酒屋「はなの舞」を運営するチムニー<3178>MBOを支援しました。チムニーはイオン<8267>がFC展開を目指して設立した居酒屋企業。業績不振が続いて1997年に食肉メーカーの米久(静岡県沼津市)に譲渡されていました。

カーライルは1株2,260円でTOBを実施すると同時に、米久から株式を買い取りました。買い付け金額は208億円。2010年にチムニーは上場廃止。そして2012年に東証2部に再上場しています。

チムニーは上場時、2009年に締結した長期借入金が82億5000万円ありました。これはカーライルが買収した際のレバレッジド・ファイナンスと考えられます。カーライルの実質的な投資額は、125億円前後だったと推測できます。

新規公開時の有価証券届出書によると、上場時にカーライルが売り出した株数は790万株。公募価格1,000円で総額79億円を得ました。

その後、2013年11月に酒販大手のやまや<9994>TOBでチムニーの株式を取得することを決めました。カーライルは保有していた936万5200株を売却。この取引で、およそ141億円を手にしたことになります。チムニーの上場とやまやへの売却で220億円を稼ぎました。

テーマパーク開設を目論むオリオンビール

オリオンビールのTOBは、2019年1月野村ホールディングス<8604>とカーライルが共同で実施。応募数は60万6325株でTOBが成立しています。買い付け額は570億円に上るとみられています。

オリオンビールは1957年創業。沖縄を代表する企業の一つで、ビール系飲料では国内5位の規模。業績は堅調ですが、大幅な増収が実現できていません。

▼オリオンビール業績

(百万円) 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期
売上 27,669
(9.6%増)
28,009
(1.2%増)
28,317
(1.0%増)
経常利益 3,249
(64.2%増)
3,607
(11.0%増)
3,713
(2.9%増)

有価証券報告書より筆者作成

今回のTOBにより、海外の販路を開拓するなど、規模拡大を見込んでいます。

オリオンビールは、沖縄地盤の百貨店リウボウ(沖縄県那覇市)や近鉄グループホールディングス<9041>などと共同で、沖縄県今帰仁村の「オリオン嵐山ゴルフ倶楽部」の用地にテーマパークを開業する計画を立てています。

総事業費は600億円規模となり、2024年末ごろを目途に開業予定。USJの再建で名を馳せた日本を代表するマーケッター・森岡毅氏が代表を務める株式会社刀(東京都品川区)も出資をしています。

カーライルのもとでオリオンビールがどのような変貌を遂げるのか、注目が集まっています。

麦とホップ@ビールを飲む理由

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。 ブログはこちら 「ビールを飲む理由」 


NEXT STORY

ビアードパパを売却した投資ファンド「アント・キャピタル」とは

ビアードパパを売却した投資ファンド「アント・キャピタル」とは

2020/02/16

2020年1月31日に投資ファンド「アント・キャピタル・パートナーズ」が、電車・バスなど交通機関向け電気機器などの開発などを行う交通電業社を買収しました。アント・キャピタルは国内外の中堅企業を投資対象とし、ハンズオン型の支援を行っています。