日本の集団主義と勤労倫理を学べという「ルックイースト政策」で、わが国でも有名なマレーシアのマハティール・ビン・モハマド前首相が連立構想でつまづき、政権の座を追われた。アブドゥラ・スルタン・アフマド・シャー国王が前首相の「下院議員の過半数から支持を集めた」との主張を退け、ムヒディン・ヤシン前内相の首相就任宣誓を受け入れて勝負がついたのだ。

国王に突き放されたマハティール前首相

アブドゥラ国王から新首相に任命されたムヒディン前内相(マレーシア首相府ホームページより)

1981年から40年近くマレーシアを引っ張ってきたカリスマリーダーのマハティール前首相に、事実上の「退場宣言」を突きつけたアブドゥラ国王とはどんな人物なのか。

アブドゥラ国王は1959年7月30日生まれの60歳。94歳のマハティール前首相はもちろん、72歳のムヒディン新首相よりも若い。2019年1月に第15代マレーシア国王のムハンマド5世の退位を受けて、第16代国王に就任した。が、意外なことに前国王との間に血縁関係はない。

実はマレーシアの国王は選挙制。と言っても、一般の国民から国王が選ばれるわけではない。マレーシア全13州のうち、君主が存在しない4州を除く9州の君主たちがマレーシア国王を互選する仕組みなのだ。アブドゥラ国王はパハン州のスルターン(君主)で、父親はアフマド・シャー前パハン州スルターン。スルターンは、他国の国王と同じく世襲制である。