評価手法の記事一覧

配当還元法|企業価値のアプローチと評価手法(9)

配当還元法|企業価値のアプローチと評価手法(9)

今回は、株主への直接的な現金支払いである「配当金」にもとづいて株主価値を評価する「配当還元法」の計算例を紹介する。

記事を読む
残余利益法その2|企業価値のアプローチと評価手法(8)

残余利益法その2|企業価値のアプローチと評価手法(8)

残余利益法は、調整現在価値法と同じように「事業価値を計算し株主価値を出す」方法と、株主価値を「直接計算する」方法がある。今回は、株主価値を直接計算する方法についてみていきたい。

記事を読む
残余利益法(RIM)とは?|企業価値のアプローチと評価手法(7)

残余利益法(RIM)とは?|企業価値のアプローチと評価手法(7)

今回はインカムアプローチの収益還元法に属する残余利益法について解説する。残余利益法では「事業価値を計算し株主価値を出す」方法と、株主価値を「直接計算する」方法がある。

記事を読む
調整現在価値法(APV)とは?|企業価値のアプローチと評価手法(6)

調整現在価値法(APV)とは?|企業価値のアプローチと評価手法(6)

連載6回目の今回は、企業の資本構成が大きく変化する場合や税率の変更が予想される場合に用いられる「調整現在価値法」について紹介する。

記事を読む
フリー・キャッシュ・フロー(FCF)法|企業価値のアプローチと評価手法(5)

フリー・キャッシュ・フロー(FCF)法|企業価値のアプローチと評価手法(5)

「フリー・キャッシュ・フロー(FCF)法」の計算では対象会社ごとに異なる割引率を用いる。会社によって期待される収益率が異なるからだ。今回はFCF法で株主価値を求めてみよう。

記事を読む
「類似取引法」と「取引事例法」| 企業価値のアプローチと評価手法(3)

「類似取引法」と「取引事例法」| 企業価値のアプローチと評価手法(3)

会社を買収する際、対象会社の買収金額はどう決まるのだろうか?連載第3回は、非上場企業向けに使用する「類似取引法」と「取引事例法」について、実際に計算しながら理解を深めたい。

記事を読む
類似上場会社法|企業価値のアプローチと評価手法(2)

類似上場会社法|企業価値のアプローチと評価手法(2)

会社を買収する際、対象会社の買収金額はどう決まるのだろうか?連載第2回は、マーケット・アプローチの代表的な評価手法である「類似上場会社法」について、実際に計算しながら理解を深めたい。

記事を読む
マーケット・アプローチと市場株価法|企業価値のアプローチと評価手法(1)

マーケット・アプローチと市場株価法|企業価値のアプローチと評価手法(1)

会社を買収する際、対象会社の買収金額はどう決まるのだろうか? 連載第1回は企業評価アプローチの手法とマーケットアプローチの代表格である「市場株価法」について解説する。

記事を読む
企業価値評価で考慮すべきプレミアムとディスカウント

企業価値評価で考慮すべきプレミアムとディスカウント

M&Aの実務において、買収価格の決定のために行う業務の一つとして財務デューデリジェンス(財務DD)があります。財務DDは、被買収企業の財務実態を正確に把握するために行うものです。財務DDのスタート地点となる企業価値の評価手法、そしてプレミアムとディスカウントについて解説します。

記事を読む