宿泊予約売買マッチングサービスの「Cansell」が破産

alt

~宿泊キャンセル分のマッチングサービスを手掛けていた~

Cansell(株)(TSR企業コード:016983203、法人番号:7011001109079、渋谷区神宮前6-28-9、設立2016(平成28)年1月、資本金1億円、山下恭平社長)は3月23日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には木村昌則弁護士(木村・古賀法律事務所、渋谷区代々木2-11-12)が選任された。
 負債は約1億400万円。

一度販売されたものの、キャンセルすることになった宿泊予約を売買するマッチングサービスを展開。購入希望者と提供者との価格交渉や宿泊者の名義変更に係る諸手続きなどを当社が代行し、手数料収入を得るビジネスモデルだった。
 別の予約者が宿泊予約を買い取ることで、はじめに予約した人のキャンセル料が軽減されるなどの効果が見込め、サービス開始当初は一部のメディアで話題となった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い2020年春以降、需要が低下したことにより業況が悪化。事業継続が困難となり、2022年に入ってサービスを終了し、今回の措置となった。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

会社分割からわずか3カ月で破産した新電力「ホープエナジー」

会社分割からわずか3カ月で破産した新電力「ホープエナジー」

2022/04/03

東証マザーズと福証Q-Boardに上場するホープは3月22日、昨年12月の持株会社化に伴い会社分割したホープエナジーが破産すると公表した。負債総額は概算で約300億円。ホープエナジーが担っていた電力小売はグループ売上高の9割を占める。