高松グランドカントリー、民事再生法の適用を申請

alt

~「新型コロナウイルス」関連~

 高松グランドカントリー(株)(TSR企業コード:800044169、法人番号:5470001006770、木田郡三木町朝倉2227-3、設立1972(昭和47)年3月、資本金9500万円、川上純一社長)は11月24日、高松地裁に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は籠池宗平弁護士(籠池法律事務所、丸亀市塩飽町7-2、電話0877-23-2620)ほか。
負債総額は約46億8000万円。

関連記事はこちら
ゴルフのPGMが牽引「平和」の業績見通し、売り上げはコロナ前を上回る
「PGM」が「アコーディア」「ネクスト」から4ゴルフ場を買収 変わる勢力図

 1974年10月19日、富沢誠造氏の設計により「高松グランドカントリークラブ」を開場。氷上コース18ホール、鹿庭コース18ホールを擁し、県内屈指のゴルフ場として人気を博し、1993年11月期には11億7572万円の売上高を計上していた。
 しかし、バブル期のゴルフ場乱立に伴う競合激化に加え、ゴルフ人口の減少により売上は伸び悩んでいた。さらに、近年は会員の高齢化により退会希望者が増加し、預託金の返還請求が相次いでいた。
 こうしたなか、「新型コロナウイルス」感染拡大の影響で利用客が減少し、2020年11月期の売上高はピーク時の約3分の1にとどまった。今後の預託金返還に応じるのは困難との判断から、今回の措置となった。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

「亀山湖カントリークラブ」運営会社が特別清算 新会社が承継へ

「亀山湖カントリークラブ」運営会社が特別清算 新会社が承継へ

2021/01/31

亀山湖カントリークラブ(君津市)を運営する東京ベイサイドリゾートが1月21日、千葉地裁に特別清算を申請した。スポンサーにリソルホールディングスを選定。ゴルフ場は新設会社が承継する。