Cash Flow Financeが破産 maneoマーケットを利用していた

alt

~maneoマーケットのプラットフォームを利用~

 (株)Cash Flow Finance(TSR企業コード:022745793、法人番号:5010001178796、中央区日本橋1-2-19、設立2016(平成28)年10月)と、関連の(株)Asset Holding(TSR企業コード:023240989、法人番号:4010001180547、中央区日本橋3-2-14、設立2016(平成28)年12月)は6月30日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には杉浦亜紀子弁護士(リソナンティア法律事務所、新宿区新宿1-23-8、電話03-5369-1951)が選任された。
 負債総額はCash Flow Financeが7億3454万円(2017年9月期決算時点)、Asset Holdingは現在調査中。

 個人の投資家と借手を結ぶソーシャルレンディングの営業者だった。maneoマーケット(株)(TSR企業コード:297202863、法人番号:5010401091384、千代田区)のプラットフォームを使い、借手の不動産業者などファンドの管理を手掛けていた。同社の貸付金額は37億8030万円に達し、高利回りを背景に事業拡大を狙っていた。しかし、2019年に入ると借手の返済の延滞が散発するなど信用が低下し、新規のファンド募集も停止していた。
 Asset Holdingは、不動産関連事業を手掛けていたが、Cash Flow Financeに連鎖した。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

maneoマーケットの瀧本前代表 NLHDに保有株式を売却

maneoマーケットの瀧本前代表 NLHDに保有株式を売却

2019/09/22

ソーシャルレンディング最大手のmaneoマーケットは9月17日、前代表の瀧本憲治氏が保有していた株式(84.95%)をNLHDに売却することを取締役会で承認したと発表した。同社は金融庁からファンドの虚偽記載などで業務改善命令を受けていた。