会計士が代表を務める会計事務代行会社、連鎖倒産で負債22億円

alt
※画像はイメージです

~サンフェニックスの民事再生に連鎖~

 M.K.C.associates(有)(TSR企業コード:294959912、法人番号:3010002052060、千代田区霞が関3-5-1、設立2001(平成13)年2月、資本金300万円、佐藤裕紀社長)は10月25日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には綾克己弁護士(ときわ法律事務所、千代田区大手町1-8-1、電話03-3271-5140)が選任された。
 負債総額は債権者66名に対して22億340万円。

 公認会計士の現代表を中心に展開し、会計事務の代行などを手掛けていた。売上高約2億円をあげ、一定の地盤を有していたが、代表が理事長を務めていた(社福)サンフェニックス(TSR企業コード:722070942、法人番号:9240005007900、福山市、負債総額58億6983万円)が9月28日、東京地裁に民事再生法適用を申請。サンフェニックスは、グループ会社への資金流出で資金繰りが悪化し、当社も資金が循環していた1社だった。サンフェニックスが民事再生開始決定を受けたため、当社は連鎖した。
 関係者によると、「資金が循環していた複数の関連会社が、法的手続きをする可能性がある」としている。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

タカタの民事再生法申請から3カ月、連鎖倒産は「ゼロ」

タカタの民事再生法申請から3カ月、連鎖倒産は「ゼロ」

2017/10/08

製造業としては戦後最大の倒産となった、エアバッグ製造大手のタカタ。民事再生法の適用を申請してから、3カ月が経過し、いまのところ連鎖倒産は「ゼロ」が続いているが、キー・セイフティー・システムズが主導する再建策によっては下請け業者の業績に影響を与えかねない。