紀州のドン・ファンが創業した会社が破産 負債総額は約8億9千万円

alt

~「紀州のドン・ファン」が創業~

(株)アプリコ(TSR企業コード:610151851、法人番号:1170001008529、田辺市朝日ヶ丘17-5、設立1996(平成8)年10月、資本金1000万円、須藤早貴社長)と、関連の(株)アンカー(TSR企業コード: 297490745、法人番号:5170001009845、同所、設立2008(平成20)年7月、資本金5050万円、同社長)は9月21日、和歌山地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には山岡大弁護士(あさかぜ法律事務所、和歌山市八番丁11、電話073-421-8812)が選任された。
 負債は、アプリコが約7億5000万円、アンカーが約1億4000万円で、2社合計約8億9000万円。

 アプリコは1969年5月に前社長・野﨑幸助氏が創業した貸金業および酒類販売業者。野﨑社長は事業以外で週刊誌やテレビの取材を多く受けた経歴を持つ、地元で知られた経営者だった。
 さらに、2018年5月24日、野﨑氏が急性覚せい剤中毒で急逝したことにより、謎の多い「紀州のドン・ファン」事件として連日報道され、全国的に知られることとなった。
 野﨑氏死亡により元妻である須藤早貴氏(2020年2月、野﨑姓より変更)が代表取締役に就任したが、和歌山地検が2021年5月19日、殺人と覚せい剤取締法違反容疑で起訴。
 野﨑社長亡き後、事業は事実上頓挫していたこともあり、第三者から破産を申し立てられ今回の措置となった。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

会社が破産すると、社長の約7割が個人破産に

会社が破産すると、社長の約7割が個人破産に

2021/08/23

会社が破産すると、社長の約7割が個人破産に追い込まれている。東京商工リサーチによると、2020年度に破産した5,552社のうち、3,789人の社長が破産開始決定を受け、社長破産率は68.2%と高い率に達したことがわかった。