AKB48グループの握手会の運営会社が破産開始

alt
※画像はイメージです

~AKB48グループの握手会を企画運営していた~

(株)SLDK(TSR企業コード:024801682、法人番号:1011001069774、目黒区下目黒2-23-15、設立2010(平成22)年10月、資本金3000万円、代表清算人:戸賀崎智信氏)は5月19日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には五十里隆行弁護士(神田総合法律事務所、中央区日本橋本石町4-5-12、電話03-3516-3660)が選任された。
 負債総額は債権者8名に対して約4000万円。

 イベント企画や飲食店の経営を手掛けていた。主力はAKB48グループの握手会などのイベント企画や運営で、事業を拡大させてきた。
 しかし、2019年ごろには握手会のイベント事業を他社に譲渡したほか、飲食店の運営も赤字が続き、2019年3月19日、株主総会の決議により解散した。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

秋元康氏、新型コロナウイルスで31億円の出資を余儀なくされる

秋元康氏、新型コロナウイルスで31億円の出資を余儀なくされる

2020/03/08

新型コロナウイルス感染症が、「AKB48グループ」などを仕掛けた芸能界の重鎮・秋元康氏​に思わぬ「とばっちり」を与えた。しかも、現時点で15億円近い「損」をもたらしているというから、穏やかではない。なぜ、こんなことになってしまったのか?