新型コロナ倒産のカワスイ(川崎水族館)運営会社、民事再生へ

alt
※画像はイメージです

 3月28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、保全監督命令を受けていた(株)アクア・ライブ・インベストメント(TSR企業コード:130681482、法人番号:6010001199437、千代田区内幸町2-2-3、設立2019(平成31)年3月、資本金2億600万円、坂野新也社長)ほか3社は4月4日、民事再生開始決定を受けた。申請代理人は金井暁弁護士(大知法律事務所、千代田区麹町2-3)。監督委員には大澤加奈子弁護士(梶谷綜合法律事務所、千代田区大手町1-7-2)が選任された。
 アクア・ライブ・インベストメントの負債総額は1億9430万円(2020年12月期決算時点)で、4社合計は53億4929万円。

 アクア・ライブ・インベストメントは、2020年7月に開園した川崎市川崎区の「カワスイ(川崎水族館)」の財務管理などを手掛けていた。カワスイは、水生生物や動植物と触れ合うことができ、最新デジタル技術を活かした演出が特徴だった。しかし、開園時は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、当初の予定通りの来園客を確保できず、2020年12月期は売上高2億595万円にとどまり、253万円の赤字を計上。以降も来園客は回復せず、資金繰りが限界に達した。
 アクア・ライブ・インベストメントによると、「カワスイは今後も通常通り営業し、既にご購入いただいている入館チケットや年間パスポートについても通常どおりの利用ができる」としている。

 同時に民事再生開始決定を受けたのは、カワスイの運営を手掛けていた(株)アクア・ライブ・ネイチャー(TSR企業コード:133132803、法人番号:3010001206261、同所、設立2019(令和1)年12月、資本金990万円、同社長、負債総額6425万円(2020年12月期決算時点))と、飲食店などショップ運営の(株)アクア・ライブ・ギフト(TSR企業コード:133132820、法人番号:2010001206262、同所、設立2019(令和1)年12月、資本金990万円、同社長、負債総額約6000万円)の2社で、アクア・ライブ・インベストメントに連鎖した。

 また、カワスイの設備に関するSPC(特定目的会社)の川崎水族館合同会社(TSR企業コード:033113696、法人番号:8010003028121、千代田区丸の内3-1-1、設立2018(平成30)年8月、資本金10万円、代表社員:一般社団法人ALC、負債総額50億3074万円(2021年6月期決算時点))に対し、アクア・ライブ・インベストメントグループが債権者として3月28日、東京地裁に民事再生法の適用を申し立て同日、保全監督命令と受けていたが、川崎水族館も4月4日、民事再生開始決定を受けている。

 なお、(株)イグニス(TSR企業コード:138350884、法人番号:4010001216152、渋谷区)がスポンサー候補として、上記4社の事業再生支援に関する基本合意書を締結し、融資などの支援を行っていく予定。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

顧客体験をおざなりにした「カワスイ」は事業再生で集客力をつけられるか?

顧客体験をおざなりにした「カワスイ」は事業再生で集客力をつけられるか?

2022/04/01

3月28日川崎水族館を運営するアクア・ライブ・インベストメントとその関連会社2社が東京地方裁判所に民事再生手続開始の申し立てを行ったと発表しました。再生スポンサーに名乗りを上げたのがアプリ開発のイグニス。カワスイは水族館として根本的な問題を抱えています。