あさくま子会社、日本料理の竹若が破産申請

alt
グランスタ東京の築地竹若は営業中

~JASDAQ上場、(株)あさくまの100%出資子会社~

 都内で日本料理・寿司店を展開していた(株)竹若(TSR企業コード:292657242、法人番号:4010001049536、中央区築地4-7-5、設立1988(昭和63)年2月、資本金5000万円、諏訪部浩通社長)は7月14日、東京地裁に破産を申請することを決定した。
 親会社の(株)あさくま(TSR企業コード:400359235、法人番号:9180001066601、名古屋市天白区、JASDAQ)などが発表した。
 負債総額は約9億9700万円。

 1988年2月、前社長の竹若勝氏が当社を設立。日本料理・寿司店など東京都内を主体に14店舗を経営するほか、さかな若漬や海鮮しゅうまい等の加工品販売を行い、2018年1月期には売上高25億1063万円をあげていた。
 しかし、2019年1月期は期中に不採算店舗の閉店を行ったことから、売上高22億7304万円と減収になった。利益面も店舗閉鎖に伴う固定資産除却損等による特別損失計上で、当期純利益は554万円にとどまっていた。
 2020年2月、あさくまが当社を子会社化した。その後は、同社の方針で事業を展開していたが、外食不況により親会社からの資金援助を受けるなどしてきたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響などにより想定していた収益を上げることができず、2021年3月末をもって全店舗休業。
 4月20日には、都内で債権者集会を開催し私的整理を模索したが、賛同を得ることとができず、今回の措置となった。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

 ステーキと寿司が融合すると何になる?ステーキの「あさくま」が和食の竹若を買収

ステーキと寿司が融合すると何になる?ステーキの「あさくま」が和食の竹若を買収

2020/02/27

ステーキハウス運営のあさくまが寿司をはじめとする和食店を運営する竹若を子会社化する。両社の商品開発力を活かし、今までにない融合料理を生み出すことで、新しい顧客の開拓に取り組み客層を拡大するという。