機内食の需要減少で ムツミグローバルフーズが破産

alt
※画像はイメージです

~新型コロナウイルス関連、機内食向けが落ち込み経営悪化~

(株)ムツミグローバルフーズネットワーク(TSR企業コード:297153242、法人番号:4010001136598、中央区勝どき6-3-2、設立2007(平成19)年7月、資本金9500万円、吉江智香子社長)と、関連会社の(株)フードリンケージ(TSR企業コード:297947230、法人番号:4010001124710、千葉県八街市ほ427-1、設立2009(平成21)年5月、資本金5500万円、同社長)は7月16日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には井上裕明弁護士(半蔵門総合法律事務所、千代田区二番町3-5、電話03-3239-0011)が選任された。
 負債総額はムツミグローバルフーズネットワークが37億1000万円、フードリンケージが7億8652万円、2社合計で44億9652万円。

ムツミグローバルフーズネットワークのプロセスセンター(千葉県八街市)(TSR撮影、2021年2月)
ムツミグローバルフーズネットワークのプロセスセンター(千葉県八街市)(TSR撮影、2021年2月)©東京商工リサーチ

 ムツミグローバルフーズネットワークは水産・農産・食肉加工品など各種食料品の卸販売を手掛けていた。
 中間業者を省略した独自ルートの仕入による価格競争力に強みを持ち、専門商社や食品加工業者などに卸販売するほか、近年は機内食向け食材の加工販売にも注力。千葉県八街市に設置したプロセスセンターを拠点に、航空会社の系列企業や機内食専門業者との取引を拡大させ、2020年6月期は売上高51億9298万円を計上していた。
 しかし、新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空機の運航停止や、減便により機内食需要が激減して業績が悪化。新型コロナウイルス関連融資を調達してしのいでいたほか、スーパーマーケットなど巣ごもり需要向けの商品販売にも取り組んでいたが、資金繰りも限界に達し2021年2月に事業を停止して債務整理に入っていた。
 関連会社のフードリンケージは八街市内のプロセスセンターで食品加工業を手掛けていたが、親会社に連鎖して同時に事業を停止していた。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

【2021年】レオパレス、タメニ―…債務超過転企業が続々と

【2021年】レオパレス、タメニ―…債務超過転企業が続々と

2021/07/30

20201年6月に婚活事業のタメニー<6181>、鴨川グランドホテル<9695>、オイスターバーを運営するゼネラル・オイスター<3224>、レオパレス21<8848>、ホテル・不動産事業のポラリス・ホールディングス<3010>、近鉄系旅行会社のKNT-CTホールディングス<9726>が債務超過による上場廃止に係る猶予期間に入りました。コロナによる苦境が鮮明になっています。