「AGATHA PARIS(アガタパリ)」日本法人が破産

alt
アガタジャポンプレスリリースより

~アクセサリーブランド「AGATHA PARIS」を展開~

 アガタジャポン(株)(TSR企業コード:570944155、法人番号:4010401088183、港区六本木7-17-28、設立1989(平成1)年6月9日、資本金1000万円、上國料秀幸社長)は5月31日付けで、破産申請を瀬川千鶴弁護士(青南法律事務所、千代田区平河町2-7-4、電話03-6912-3900)ほか3名に一任した。
 負債総額は10億2339万円(2020年12月期決算時点)。

アガタジャポン(株)のロゴ
アガタジャポン(株)のロゴ ©東京商工リサーチ

 フランスのアクセサリーブランド「AGATHA」の日本法人として、アクセサリーの輸入販売を手掛けていた。「AGATHA PARIS」のブランドで大手百貨店などに20店舗以上を展開。スコティッシュテリアのモチーフなどを利用した愛らしいデザインとリーズナブルな価格帯が人気を博し、20代から40代の女性を主な顧客としていた。

 2003年8月期には売上高約16億5400万円をあげていたが、その後は百貨店の不振などから減収基調で推移。近年は不採算店舗の削減などに伴う赤字計上が続き、2016年12月期(決算期変更)には債務超過に転落。その後も減収に歯止めがかからず、2019年12月期の売上高は5億9495万円まで落ち込んでいた。

 こうしたなか、新型コロナウイルス感染拡大による百貨店の休業や、外出自粛の影響を受け、2020年12月期の売上高は3億1332万円まで減少。厳しい事業環境が続くなか、再建に取り組んでいたフランスのグループ会社からの支援も得られず、日本法人の事業停止を決定し、今回の措置となった。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

経営再建中のサマンサタバサ 5期連続で最終赤字

経営再建中のサマンサタバサ 5期連続で最終赤字

2021/04/25

経営再建中のサマンサタバサジャパンリミテッドは新型コロナの影響や減損損失が響き、最終利益は100億4900万円の赤字と5期連続の最終赤字だった。