ソフトバンクが発売する18万円超の「ライカスマホ」は買いか?

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

ソフトバンク<9434>は2021年7月に、独高級カメラメーカーのライカが全面監修する5Gスマートフォン「Leitz Phone 1」(ライツフォン ワン)を発売する。価格は18万7920円(消費税込み)と、かなり高額だ。カメラファン垂涎(すいぜん)の的となりそうなライカスマホは「買い」なのか?

デザインはライカ、中身はシャープ

「Leitz Phone 1」はカメラ機能を充実し、高級コンパクトデジタルカメラと同じ1インチ画像センサーを搭載。暗い場所や動きの早い被写体もきれいに撮影できるという。カメラ以外の性能は「普通の第5世代(5G)スマートフォン」だ。

実は「Leitz Phone 1」のベースはシャープ製の「AQUOS R6」。違いはライカのロゴとスマホのデザインだけだ。レンズも同じ。ライカの監修を受けたレンズは同社ブランドの「SUMMICRON(ズミクロン)」を冠しているが、製造しているのはライカではなくシャープ子会社のカンタツ(東京都品川区)だ。

ライカ監修のレンズを内蔵するなど性能は全く同じシャープ「AQUOS R6」(ソフトバンクホームページより)

つまり両スマホの「中身」は全く同じなので、ライカブランドに7万円を支払えるかどうかが「買い」の判断材料になる。もちろん「Leitz Phone 1」と「AQUOS R6」のどちらで撮影しても、同じ写真が撮影できるはずだ。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

iPhone「12 mini」の失敗で「SE3」登場が確実に

iPhone「12 mini」の失敗で「SE3」登場が確実に

2021-02-19

小型の「iPhoneSE」の第1世代、第2世代が相次いでヒットしたため、「3匹目のどじょう」を狙って投入したアップルの小型モデル「iPhone 12 mini」の販売が振るわない。この「失速」で、SEの第3世代が登場する可能性が高まった。

関連のM&A速報