現行「iPad Pro」の新品大量放出は新モデル登場の「予兆」か?

alt

「iPad Pro」のモデルチェンジが迫っている予兆なのか?格安販売店やネット通販で現行「iPad Pro」の未使用品の販売が相次いでいる。もちろん個人が未使用のまま手放した製品が単発的に販売されることは珍しくない。が、じゃんぱら秋葉原5号店のように店頭に山積みになって販売されている事例もあり、何らかの事情で大量供給されているのは明らかだ。

アップルからの情報?報道を受けての恐慌売り?

今年3月末から4月にかけてMacBookシリーズに採用された「M1」互換のCPUを搭載する新型「iPad Pro」が投入されるとの報道もあり、現行機種の大量流通はそれを見越した現行品の流出と考えるのが妥当だろう。

ただ、正規のアップルストアは法人向けに旧モデルを低価格で販売するルートがあり、格安販売店やネット通販に現行機種を横流しはしない。アップルとは関係ない一般小売店が新モデル登場で値崩れをする前に放出した可能性が高い。

アップルは販促活動をスピーディーに展開するため、大手小売店向けに直前ではあるが新製品情報を提供しており、それを受けての「放出」とすれば新モデルの投入は極めて近いと言える。

iPad Pro販売情報
販売店名 じゃんぱら秋葉原5号店 楽天市場(フォースユニオン)
モデル名 iPad Pro 11インチ・Wi-Fi 512GB iPad Pro 11インチ・Cellular 256GB
定価(税込) 129,580 124,080
売価(税込) 104,980 105,000
値引率 19.0% 15.4%
確認日 3月18日 3月23日

一方、直近の新型発売情報を受けての「恐慌売り」であれば、新モデルの投入とは関係がない動きとなる。アップル製品はほとんど値引きされず、現行機種の新品が10%以上も安くなるのは極めて珍しい。

ユーザーとしては「買い」だが、大幅な性能向上が見込まれる新モデルの登場が間近かだとすれば判断に迷うところだろう。賢く選択したい。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

3月恒例の新型iPadシリーズ発表-2021年は「買い」推奨

3月恒例の新型iPadシリーズ発表-2021年は「買い」推奨

2021/03/12

例年3月に新製品が発表される、米アップルのタブレット端末「iPad」シリーズ。各種メディアでは3月16日か23日(いずれも米国現地時間)に発表されるとの見方が広がっている。2020年3月には現行「iPad Pro」が発表された。2021年に新製品が発表されるとしたら、どのモデルなのだろうか。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5