ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

12月1日から始まるmineo「格安5Gサービス」は買いか?

alt

「mineo」ブランドで格安スマホサービスを展開するMVNO(仮想移動体通信事業者)のオプテージ(大阪市)は2020年12月1日から、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンク3社の回線で第5世代移動体通信(5G)サービスの提供を始める。

5G追加料金は月額200円

現行の第4世代移動体通信(4G)LTEの料金に月額200円(税別)を上乗せするだけ。au回線を利用する「Aプラン」では月間通信容量3GBなら月額1710円、同6GBなら2390円で利用できる。キャリア(通信事業者)のauでは「ピタットプラン 5G」が同1GBで1980円、同4Gで2980円だから割安なプランといえるだろう。

ドコモやソフトバンクの回線でも、キャリアが提供するプランよりも割安に設定している。とはいえ、全てのユーザーにおすすめできるわけではない。

まずは5G通信対応端末を持っていないと話にならない。5G契約をしても非対応端末では4G通信のままで、200円のオプション料金をドブに捨てることになる。アップルの「iPhone」であれば、最新の「12」シリーズでないと利用できない。

次にドコモ回線とau回線を格安スマホをデータ通信のみで利用している場合、5Gオプションは使えない可能性がある。ドコモ回線を使う「Dプラン」の場合は「シングルタイプSMS機能有りではご利用いただけません」、Aプランの場合も「au VoLTE対応SIMのご利用が必要となります」と明記されている。

音声通話とデータ通信を組み合わせた「デュアルタイプ」での契約が無難だろう。契約変更に当たっては、有償でのSIM買い替えが必要になる場合もあるので注意したい。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

NTT、ドコモTOBを経て2022年に新たな「発展期」到来か|ビジネスパーソンのための占星術

NTT、ドコモTOBを経て2022年に新たな「発展期」到来か|ビジネスパーソンのための占星術

2020-11-14

NTTは携帯電話子会社のNTTドコモをTOB(株式公開買い付け)で完全子会社化に踏み切ります。その額4.2兆円に上ります。約30年の時を経て「再統合」されることになりましたが、占星術からみてみましょう。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5