3月恒例の新型iPadシリーズ発表-2021年は「買い」推奨

alt

例年3月に新製品が発表される、米アップルのタブレット端末「iPad」シリーズ。ネットメディアでは3月16日か23日(いずれも米国現地時間)に発表されるとの見方が広がっている。2020年3月には現行「iPad Pro」が発表された。2021年に新製品が発表されるとしたら、どのモデルなのだろうか。

新型iPad Proは間違いなく「買い」

最も可能性があるのは、昨年新型が投入されたばかりのiPad Proだ。現行iPad Proは前モデルのマイナーチェンジ版に過ぎず、頭脳に当たるCPUは「A12Z Bionic」。前モデルの「iPad Pro」に搭載されていた「A12X Bionic」の改良型で、アップルは「iPad史上最高のパフォーマンス」としているが性能アップはわずかだった。

下位モデルの現行「iPad Air」が2世代新しい「A14 Bionic」を採用していることからも、現行モデルの発表から1年後だがモデルチェンジは確実。現行iPad Proは「待ち」を推奨したが、新型iPad Proは間違いなく「買い」だ。

「Magic Keyboard」などの豊富なオプションもiPad Proの魅力(同社ホームページより)

CPUは6コアCPUのA14 Bionicの改良版となる8コアCPU「A14X Bionic」が搭載されるのは確実で、一気に2世代進化する。A14X Bionicのベンチマークスコアはマルチコアスコアで7220と、A12Zの4657を大きく上回るとも伝えられている。

パソコン「MacBook Pro」の一部機種や「MacBook Air」に搭載されているARMアーキテクチャーの「M1」と同じCPUではないかとの見方も。仮にそうなった場合は、最新「Mac OS」の「Big Sur」が動く可能性もある。「タブレット端末」ではなく、初の「タブレットMac」となるのだ。米マイクロソフトの「Surface」と同じカテゴリーとなり、これまでのiPadシリーズとは一線を画すことになる。

さらにカメラ性能の向上や、iPadシリーズでは初の5G(第5世代移動体通信)対応など、「買い」の材料が目白押しだ。iPad Airに比べると割高なiPad Proだが、今年は価格差を補って余りあるモデルチェンジになると言えるだろう。

NEXT STORY

iPhone「12 mini」の失敗で「SE3」登場が確実に

iPhone「12 mini」の失敗で「SE3」登場が確実に

2021/02/19

小型の「iPhoneSE」の第1世代、第2世代が相次いでヒットしたため、「3匹目のどじょう」を狙って投入したアップルの小型モデル「iPhone 12 mini」の販売が振るわない。この「失速」で、SEの第3世代が登場する可能性が高まった。