初のApple Silicon搭載Macは「Air」の一択

alt

2020年11月11日、米アップルがARMアーキテクチャー(基本設計)の独自CPU「Apple Silicon」を初搭載した新型「Macシリーズ」を発表した。従来の米インテル製CPUからの変更で、「M1」と名付けられた新CPUが、「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」の3モデルに搭載された。この中で一番の「おすすめモデル」はどれだろうか?

スペックは横並びのApple Silicon搭載Mac

新型Macシリーズ仕様表
モデル名 MacBook Pro MacBook Air Mac Mini
ディスプレー 13インチRetina 13.3インチRetina なし
プロセッサー 8コア(4x高性能、4x高効率) Apple M1 8コア(4x高性能、4x高効率) Apple M1 8コア(4x高性能、4x高効率) Apple M1
グラフィックス 8コアGPU(M1) 7コア / 8コアGPU(M1) 8コアGPU(M1)
記憶容量 256GB/512GB/1TB/2TB 256GB/512GB/1TB/2TB 256GB/512GB/1TB/2TB
メモリー 8GB/16GB 8GB/16GB 8GB/16GB
無線LAN 802.11 ax WiFi6 802.11ac WiFi 802.11 ax WiFi6
カメラ 720P FaceTime HD 720P FaceTime HD なし
オーディオ ハイダイナミックレンジステレオスピーカー ステレオスピーカー スピーカー
バッテリー 58.2Wh 49.9Wh なし
駆動時間 20時間 18時間 なし
サイズ 高さ156 x 幅304 x 奥行き212mm 高さ161 x 幅304.1 x 奥行き212.4mm 高さ3.6 cm × 幅19.7 cm × 奥行き19.7 cm
重さ 1.4kg 1.29kg 1.2 kg
税別価格 13万4800円〜 10万4800円〜 7万2800円〜

スペックを見ると、ほぼ同一と言ってよい。インテルMac時代は上位CPUの搭載やメモリー容量で「格差」をつけていたAirとProだが、Apple Silicon時代の1号機は同じM1を搭載、メモリーも同容量になった。これはCPUの処理能力が同じなので、ソフトワークスペース(作業場)となるメモリー容量も同じで問題ないということだろう。

主な違いは無線LANの仕様で、ProとMiniは上位規格の「802.11 ax WiFi6」を搭載している。オーディオもProはより高音質なスピーカーを採用しているが、日常使いでは気にならない。そもそも音にこだわるのなら、外付けスピーカーを利用すべきだ。

NEXT STORY

新「iPad Pro」は「タブレットMac」として使えるか?

新「iPad Pro」は「タブレットMac」として使えるか?

2020/11/11

アップルがARMアーキテクチャーの独自CPUを搭載した新型「Macシリーズ」を発表する。ARMアーキテクチャーといえば「iPad」もそう。ということは「iPad」でMacOSが稼働する可能性があるということだ。「MacPad」は実現するか?