ドコモの格安「ahamo」に乗り換えて「良い人」「悪い人」

alt

「安すぎる料金プラン」と話題をさらっているNTTドコモ<9437>の「ahamo(アハモ)」。「通信容量20GB(ギガバイト)で月額2980円」「5分以内の国内通話がかけ放題」「5G(第5世代移動体通信)対応」「通信容量内なら海外でのデータ通信も無料」とサービス内容も盛りだくさんだ。

「格安」「内容充実」でも「万能」ではない

しかし、そのahamoといえど万能ではない。ahamoに乗り換えて良いユーザーもいれば、乗り換えてもメリットがないユーザーもいる。さらには、もうしばらく「様子見」をした方が良いユーザーもおり、「安くて内容充実だから」と飛びつくのは早計だ。

乗り換えて良いユーザー

月間データ使用量が10〜20GBのドコモユーザーならば、直ちに乗り換えた方がよいだろう。従来プランのような家族割や長期契約割引はないが単身ユーザーならば関係ないし、家族がいても大容量データ利用者にとっては大幅な値引きとなるだけに気にする必要はないだろう。

とりわけ年に数回は海外旅行に出かけるユーザーなら「ahamo一択」と言っていい。海外データ通信は割高で、「格安海外SIM」と呼ばれているサービスでも12GBで2280円とahamoより高い。しかも、海外キャリアのSIMなので開通作業に手間がかかり、サポートもあてにできない。モバイル上級者向けのサービスだ。

日本の海外SIMは開通作業やサポートは安心だが、音声通話やSMSも利用できるタイプでは500MB(0.5GB)で4500円を超えるという「高額サービス」。なにより海外ではSIM交換が必要になる。ahamoならSIM交換も不要だ。普段使っているスマートフォン(スマホ)とSIMを、海外でもそのまま使えるメリットは大きい。

NEXT STORY

ドコモの格安プランはMVNOつぶしにあらず!「敵は楽天にあり」

ドコモの格安プランはMVNOつぶしにあらず!「敵は楽天にあり」

2020/12/06

NTTドコモが通信容量20GBで月額2980円という格安料金プラン「ahamo」を2021年3月から提供すると発表した。格安スマホサービスと呼ばれるMVNOよりも格安という価格破壊料金だ。ドコモの狙いは「MVNOつぶし」なのか?それとも…。

関連のM&Aニュース