ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

終わりなき陣取り合戦「楽天」「 LINE」「 PayPay」

alt
幸楽苑楽天ポイントカードを掲げる楽天の三木谷浩史社長(右)と幸楽苑ホールディングスの新井田昇社長(写真はニュースリリースから)

楽天<4755>、LINE<3938>、PayPayの陣取り合戦が盛んだ。楽天はラーメン店・幸楽苑517店(2019年1月28日時点)で楽天ポイントがたまるサービスを2019年1月29日から始めた。

LINEは北海道のコンビニエンスストア・セイコーマート1202店(2018年12月末時点)で、スマートホン決済サービスLINE Payが利用できるようにし、2月17日までキャンペーンを実施中。

PayPayは3月26日からコンビニエンスストア・ローソン1万4574店(2018年12月末時点)でスマートホン決済サービスPayPayが利用できるようにする。

すでに一部の小売店や家電量販店、飲食店などでは楽天、LINE、PayPayが入り乱れての競争になっており、終わりなき陣取り合戦の様相を呈してきた。

陣取り合戦は体力勝負

楽天は幸楽苑での支払いで100円につき楽天ポイント1ポイントを付与する。1月29日から2月28日までは2倍のポイントを付与する2倍キャンペーンを展開する。ラーメンを食べて楽天ポイントを貯め、貯めた楽天ポイントでラーメンを食べることができるという。

LINEは2018年12月25日からセイコーマートでLINE Payが利用できるようにした。2月17日まで利用金額の5%を還元するキャンペーンを行っており、さらに1月25日から1月31日までは20%還元キャンペーンを上乗せし、期間中は支払い額の25%を還元する。

セイコーマートのキャンペン案内
PayPayの支払い画面

3月26日からローソンで使用できるようになるPayPayは、今のところローソンでのキャンペーンは打ち出していないが、話題を呼んだ「100億円あげちゃうキャンペーン」の次の一手がいつ打ち出されるのか、関心は高い。

消費者は複数の支払い手段を整え、有利なキャンペーンに乗る準備はできている。進展するキャッシュレス化の大波の中で、どこがトップの座をつかむのか。勝負の行方はまだまだ見通せない。


文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

野球場で何かが起こっている AIがチケット価格を決定

野球場で何かが起こっている AIがチケット価格を決定

2019/01/27

プロ野球チーム・福岡ソフトバンクホークスのホーム球場である福岡ヤフオク!ドームで開催されるホークスの主催試合で、需要と供給でチケットの価格が変動するダイナミックプライシング(価格変動形式)方式が採用される。

関連のM&Aニュース