バニラとの競合路線、子会社化で見直しか

 1旅客あたりのマージンをいかに高めるかは経営上、非常に重要である。LCCはいくつかの路線では競合し、価格競争が激しくなっているからだ。

 以下はピーチとバニラ・エアの就航路線をまとめたものだ。

ピーチの就航路線 バニラ・エアの就航路線
<国内線> <国内線>
大阪(関西) 新千歳 大阪(関西) 函館
大阪(関西) 仙台
大阪(関西) 東京(成田) 大阪(関西) 東京(成田)
大阪(関西) 松山
大阪(関西) 福岡 大阪(関西) 奄美大島
大阪(関西) 長崎
大阪(関西) 宮崎
大阪(関西) 鹿児島
大阪(関西) 那覇
大阪(関西) 石垣
東京(成田) 新千歳 →廃止へ 東京(成田) 新千歳
東京(成田) 福岡 東京(成田) 函館
東京(成田) 那覇 →廃止へ 東京(成田) 那覇
那覇 福岡 東京(成田) 奄美大島
<国際線> <国際線>
大阪(関西) ソウル

大阪(関西) 台北 大阪(関西) 台北
大阪(関西) 高雄 東京(成田) 高雄
大阪(関西) 香港 東京(成田) 香港
大阪(関西) 上海 東京(成田) ホーチミン
羽田 ソウル 東京(成田) セブ
羽田 台北 東京(成田) 台北
羽田 上海
那覇 ソウル
那覇 台北 那覇 台北
那覇 香港
那覇 バンコク

両社のホームページより筆者作成、一部路線は開設予定も含む

 国内線では大阪(関西)ー東京(成田)、東京(成田)ー新千歳、東京(成田)ー那覇の3路線、国際線では大阪(関西)ー台北、那覇ー台北の2路線で、ピーチとバニラ・エアは競合している。羽田ー台北(ピーチ)、成田ー台北(バニラ・エア)も競合しているとみることができるだろう。このうち、ピーチは3月26日より、東京(成田)ー新千歳、東京(成田)ー那覇の2路線を廃止する予定だ。

 これまで、ピーチはANAへの出資比率は3割強にとどまっていたため、ピーチは独自の戦略に基づき、自由に路線を開設することができた。今後、ANAがピーチ株を追加取得すれば、グループに2つのLCC子会社が生まれる。これまで以上に、ピーチとバニラ・エアの路線展開の住み分けを考え、無用な競争を避けるよう、ANA側がピーチへの関与を強めることも予想される。例えば、国際線でもピーチとバニラ・エアで競合する台北線をどちらかに任せ、バニラ・エアの収益性を改善させるという案も考えられる。

 ANAはピーチ株の追加取得に投じる304億円で、成長著しいピーチを連結決算に反映させることが可能となるばかりか、ピーチとバニラ・エアの効率的な一体運営を進めてグループのLCC事業の収益力を強化できるーー。ピーチ子会社化の背景にはそんなANAのしたたかな戦略が透けて見える。

文:M&A Online編集部

ピーチ、ANA子会社化の衝撃(1)企業価値5年で7倍に 投資リターン大きく