M&A速報

ANAホールディングス<9202>、航空会社に投資会社と共同支援

2015/04/22

スカイマーク(株)(以下「スカイマーク」)、インテグラル(株)(以下「インテグラル」)、ANAホールディングス(株)(以下「ANAHD」)は、民事再生手続下にあるスカイマークに対して、インテグラル及びANAHDが共同して支援を行うことについて合意し、スポンサー契約を締結した。スカイマークは第三者割当増資を行い、インテグラル及びANAHDが引き受けて出資し、新たな株主となる。第三者割当後のインテグラルの所有割合は50.1%、ANAHDの所有割合は19.9%となる。

インテグラル及びANAHDは、相互に協力してスカイマークの企業価値を向上させ、出資時から5年以内にスカイマークの発行する株式を再上場させることを共通の目標として、最大限の努力をすることで合意をしている。

株式取得価額は未定。

第三者割当払込期日は未定。

関連の記事

「GoToトラベル再開」で観光関連株値上がり、リスクは?

「GoToトラベル再開」で観光関連株値上がり、リスクは?

2021/10/12

岸田首相が「GoTo トラベル」の再開を約束し、観光関連株が急騰している。10月11日の取引開始直後に日本航空は前日終値比18円高の2535円、エイチ・アイ・エスは同50円高の2672円で寄り付いた。この株高はどこまで続くのか?リスクは?

自社不動産売却ブームから透けて見える日本企業の「行動変容」

自社不動産売却ブームから透けて見える日本企業の「行動変容」

2021/04/06

大企業の不動産売却が進んでいる。新型コロナウイルス感染症拡大による業績不振によりやむなく手放すケースが目立つが、一方で業績とは関係なく不動産を売却する動きも出てきた。大企業の自社不動産に対する「行動変容」が起こりつつあるようだ。

ANA ホールディングス、「コロナ」の逆境から2023年を境に上昇気流へ|ビジネスパーソンのための占星術

ANA ホールディングス、「コロナ」の逆境から2023年を境に上昇気流へ|ビジネスパーソンのための占星術

2020/12/14

ANAホールディングスを含めて航空業界は全世界的に大打撃を受けた1年になりました。ANAも5000億円を超える赤字が見込まれていますが、未曾有のコロナ危機の中、同社の真骨頂が試されています。ANAの再び雄飛できるのか。占星術の見立ては?

LCCのエアアジア・ジャパン、新型コロナの影響で事業停止に

LCCのエアアジア・ジャパン、新型コロナの影響で事業停止に

2020/10/18

格安航空(LCC)のエアアジア・ジャパンは10月5日、事業を停止すると発表した。12月5日をもって全線を廃止する。国内の航空会社で、新型コロナウイルス関連による事業停止は初めて。

「格安時代」の終焉?ポストコロナは「物価高の時代」になるのか

「格安時代」の終焉?ポストコロナは「物価高の時代」になるのか

2020/10/13

コロナ禍が日本経済を大きく変える可能性が出てきた。現時点では落ち着いている物価が、一転して上昇しかねない芽が育ちつつあるのだ。景気後退期の物価高は経済を破壊しかねない。その代表的な業界が航空と携帯電話だ。これらの業界で何が起こっているのか?

新型コロナで「ANA」「JAL」が大幅減益に「出光」は赤字転落 キャバクラの倒産も

新型コロナで「ANA」「JAL」が大幅減益に「出光」は赤字転落 キャバクラの倒産も

2020/04/25

新型コロナウイルスの影響で上場企業の259社が業績予想を下方修正した結果、2兆円を超える売上高が消失する見通しであることが分かった。 ANA、JAL、出光興産も業績予想を修正した。

新年度入り「新型コロナ」でイオンなどの入社式に異変  エイプリルフールのデマ情報にも警戒

新年度入り「新型コロナ」でイオンなどの入社式に異変 エイプリルフールのデマ情報にも警戒

2020/04/01

新年度入りとなる4月1日の恒例行事をはじめとするさまざまな経済活動に、今年は新型コロナウイルスの影響が色濃く現れている。新型コロナウイルスの影響の実態を追ってみると。

大坂なおみ選手とANAの関係は?

大坂なおみ選手とANAの関係は?

2019/01/24

大坂なおみ選手が全豪オープンテニスで決勝にコマを進めた。スポンサー契約を結んでいるANAは大坂選手が優勝すれば、わずか15日という航空機並みの高速度での成果獲得となる。

ANAがピーチ・バニラの統合を決めた「3つの理由」

ANAがピーチ・バニラの統合を決めた「3つの理由」

2018/03/27

ANAホールディングスが2018年3月、2年後の2020年3月末をめどに傘下の格安航空会社(LCC)国内2位のPeach・Aviation(ピーチ)と同3位のバニラ・エア(バニラ)を経営統合する。2018年秋ごろから1年半をかけて、上位のピーチにバニラの事業を移管する。その狙いは?

平昌五輪いよいよ…関連銘柄を総点検すると

平昌五輪いよいよ…関連銘柄を総点検すると

2018/01/20

平昌五輪の開幕が2月9日に迫ってきた。フィギアスケートの羽生結弦選手、ジャンプの高梨沙羅選手ら日本選手の活躍に期待が高まる中、株式市場では選手の所属先企業やスポーツ用品メーカーなど関連銘柄が改めて注目されそうだ。平昌五輪銘柄を総点検すると…。

投資ファンドによるM&A(下)M&Aの舞台裏

投資ファンドによるM&A(下)M&Aの舞台裏

2017/07/05

​東芝は、2017年6月21日の取締役会で、半導体子会社の売却先として、官民ファンドの産業革新機構、米国買収ファンドのベインキャピタル、日本政策投資銀行などが参加する企業連合と優先交渉することを決定した。企業連合側が提示する買収額は2兆円に上るという。前回に引き続き、投資ファンドがM&Aの舞台裏で見せる動きを追ってみたい。

【ANA】国内最大の航空会社となったANAに死角はないか

【ANA】国内最大の航空会社となったANAに死角はないか

2017/05/19

今回のアーカイブスは、国内最大の航空会社となったANAホールディングス<9202>を取り上げます。成長著しいアジアの未就航路線への進出やLCCによる国内マーケットの新たな需要創出に取り組む一方、地政学リスクの観点から業績好調な旅客需要がいつ暗転するか気が抜けない状況が続いています。

ピーチ、ANA子会社化の衝撃(3)カギ握る親会社との「距離感」 経営の自主性保てるか

ピーチ、ANA子会社化の衝撃(3)カギ握る親会社との「距離感」 経営の自主性保てるか

2017/03/08

ANAホールディングスがピーチの子会社化を発表した2月24日の記者会見には、ピーチが本社を置く関西国際空港にANA社長が駆け付けた一方、株主である投資家の姿はなかった。親会社との距離感の変化がピーチの将来にどんな影響を及ぼすのか。

ピーチ、ANA子会社化の衝撃(2)LCCの優等生、「兄弟」関係どうなる?

ピーチ、ANA子会社化の衝撃(2)LCCの優等生、「兄弟」関係どうなる?

2017/03/05

ピーチ・アビエーションは国内の格安航空会社(LCC)の中で屈指の好業績を収めている。一方、ANAホールディングスは100%出資のLCC子会社のバニラ・エアを抱える。ANAによる子会社化で「兄弟関係」がどう変化するかも焦点だ。

ピーチ、ANA子会社化の衝撃(1)企業価値5年で7倍に 投資リターン大きく

ピーチ、ANA子会社化の衝撃(1)企業価値5年で7倍に 投資リターン大きく

2017/03/01

ANAホールディングスが国内初の格安航空会社(LCC)であるピーチ・アビエーションを子会社化すると発表し、航空業界で大きな話題を読んだ。今回のM&Aの意義を投資家や利用者など様々なステークホルダーの視点で考察する。

【企業力分析】スカイマーク もう一度大空へ

【企業力分析】スカイマーク もう一度大空へ

2015/12/28

LCC(格安航空会社)の先駆け的存在のスカイマークに何が起こったのだろうか。2015年1月28日に民事再生法の適用を申請したスカイマークを専門家が分析する。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5