ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

投資家からの資金調達で農場を拓いた『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』

alt
© 2018 FarmLore Films, LLC

殺処分寸前で保護した愛犬トッドの鳴き声が原因で、ロサンゼルスのアパートを追い出されたカメラマンのジョンと料理家のモリー。料理家の妻がかねてから、身体に良い食材を自分で育てたいと考えていたこともあり、夫婦は郊外に移り住んで農場を拓くことを決心する。

「理想の農場」に迫る、美しきドキュメンタリー

しかし、そこに広がっていたのは200エーカー(東京ドーム約17個分に相当)もの荒れ果てた農地だった。2人は大自然の厳しさに翻弄されながらも、自然からのメッセージに耳を傾け、未来への希望に満ちた美しい農場「アプリコット・レーン・ファーム」を創りあげていった。

『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』は、自然をこよなく愛する夫婦が夢を追う8年間の軌跡を描いたドキュメンタリーである。

© 2018 FarmLore Films, LLC

映像のプロが映し出す緑豊かな農場の美しさ

自然の撮影を得意とする映像カメラマンのジョン・チェスターが自ら農場の開拓者となり、夫婦で奮闘するさまをカメラに収めていくところに、本作の妙味がある。荒地を開墾する奮闘努力は1人称で語られるが、被写体を捉える視線は冷静かつ客観的だ。

ため池から一斉に飛び立つ鴨、急降下で獲物を捕らえる鷹、熟した果物に群がる虫、子豚を17匹も産む母豚の表情…。動物や植物、昆虫の日々の営みが切り取られ、鮮やかな印象を残す。開拓の初期から使用したドローンやハイスピードカメラが、広がりと深みをもたらした。緑豊かな農場を空から撮影したドローンの映像は息をのむほどに美しい。まさに映像のプロの面目躍如といったところだろう。

© 2018 FarmLore Films, LLC

NEXT STORY

「ビッグ・リトル・ファーム」監督が語る現代農業の「問題」とは

「ビッグ・リトル・ファーム」監督が語る現代農業の「問題」とは

2020/03/04

2020年3月14日に公開される映画「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」。実際に「究極の農場」づくりに取り組むチェスター監督夫妻の奮闘を追ったドキュメンタリー映画だ。ドキュメンタリー映画の巨匠はなぜ農場経営に乗り出したのか?