男なら観るべし!クライムアクション映画『キャッシュトラック』

alt
©2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

ガイ・リッチー×ステイサム最新作『キャッシュトラック』

ジェントルメン』で犯罪映画に原点回帰したガイ・リッチー監督が再び手掛けたクライム・アクション映画『キャッシュトラック』。2021年10月8日より全国公開となります。

主演はガイ・リッチー監督のデビュー作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』から『スナッチ』『リボルバー』といった初期作品からメインキャストで出演していた親友・ジェイソン・ステイサム。アクションスターとして、ワイルド・スピードシリーズなどでトップスターとなったステイサムが16年ぶりにガイ・リッチー監督とコンビ復活です。

ちなみに来年公開予定のガイ・リッチー監督次回作『オペレーション・フォーチュン(原題:Operation Fortune:Ruse de guerre)』でも、ガイ・リッチー×ステイサムのコンビが実現しています。

あらすじ

アメリカ・ロサンゼルス(LA)の現金輸送車(キャッシュトラック)専門の警備会社フォルティコ・セキュリティ社に新人のパトリック・ヒル(ジェイソン・ステイサム)、通称“H”が入社した。

©2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

入社試験がギリギリだったこともあって、あまり目立つ存在ではなかったHだったが、彼が担当したトラックが強盗に襲われると、Hは驚くほどの戦闘スキルを発揮し、見事に撃退する。

この事件で一躍、注目の的となったH。しかし彼の真の目的は、さらにその奥にあるものだった…。

一方で、腕利きの強盗チームが全米で最も現金が動く日“ブラック・フライデー”に1億8000万ドルの大金を強奪する計画を進めていた…。

仏映画の原作をタフなアクション映画に

映画『キャッシュトラック』は2004年のフランス映画『ブルー・レイクエム』を原作にしていますが、ガイ・リッチー監督が脚本にも参加していることもあって、ファンも納得の“ガイ・リッチー印”の犯罪映画に仕上がっています。

時間軸を巧みに操るガイ・リッチーの脚本と親友ステイサムのアクションスターとしてのカリスマ性が見事に絡みあったクライムサスペンスの秀作と言えるでしょう。

©2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

NEXT STORY

ガイ・リッチー監督の最新作は原点回帰を感じさせる群像クライムサスペンス

ガイ・リッチー監督の最新作は原点回帰を感じさせる群像クライムサスペンス

2021/05/08

ガイ・リッチー監督の映画『ジェントルメン』が本邦公開となりました。本作品を一言で表すとすれば、通好みの演技合戦が楽しい「群像クライムサスペンス」でしょうか。