【M&A】中小企業庁、M&A支援機関に係る登録制度を創設

alt
経済産業省・中小企業庁

 中小企業庁は、2021年8月2日、M&A支援機関のうちFA業務又は仲介業務を行う者を対象とする登録制度を創設する旨を公表し、8月24日、登録申請受付を開始しました。
 中小企業庁によるM&A支援機関の活用に係る費用の補助は、あらかじめ登録されたM&A支援機関の提供する支援に係るもののみが対象となります。
 登録要件としては、中小M&Aガイドラインの遵守を宣言すること、FA・仲介業者において定める料金表(料金を定めた規程類等)を提出すること等が定められています。
 また、登録後のM&A支援機関は、自社のHPで中小M&Aガイドラインを遵守していることについての宣言を掲載する等、一定の対応をとらなければならないこととされています。なお、登録FA・仲介業者は中小企業庁のHPで公表されます。
 登録制度により、中小企業のM&Aがより一層促進されることが期待されます。

パートナー 大石 篤史
アソシエイト 川本 健

森・濱田松本法律事務所 Client Alert 2021年9月号 vol.93より転載

森・濱田松本法律事務所

森・濱田松本法律事務所は、国内案件・国際案件の双方において、 高度の専門性と豊富な経験・実績を有する大規模法律事務所です。 常にクライアントの皆様の期待に応え、「選ばれる事務所」であり続けることを目指しています。


NEXT STORY

「事業承継ガイドライン」 5年ぶり改訂へ

「事業承継ガイドライン」 5年ぶり改訂へ

2021/09/07

中小企業庁は2021年度中に、中小企業の円滑な事業承継を推進する「事業承継ガイドライン」を改訂する。9月1日、有識者でつくる事業承継ガイドライン改訂検討会を開催し、5年ぶりの改訂に向けた論点やスケジュールなどを確認した。