【M&A】公開買付けに関する金商法施行令の改正等

alt

公開買付けに関する金商法施行令の改正等

 2021年3月1日、改正会社法の施行等に伴う改正関係政府令等が施行・適用されました(なお、一部の改正は2月15日に施行・適用されています。)。
 公開買付けに関しては、金融商品取引法施行令の改正において、公開買付けの撤回事由への株式交付の追加(14条1項1号ハ)及びこれに伴う条文番号の繰り下げ等が行われました。
 また、それと同時に、「株券等の公開買付けに関するQ&A」(問49)では、公開買付けにおける買付予定の株券等の数の上限・下限を、当該株券等の種類ごとに定めることができるという解釈が示され、また、同(問50)では、かかる定めを設ける場合の公開買付届出書の記載についての解釈が示されました。
 公開買付けを検討する際には、これらの改正に留意が必要となります。

パートナー 大石 篤史
アソシエイト 川本 健

森・濱田松本事務所ClientAlert2021年3月号vol.87より転載

関連URL:株券等の公開買付けに関するQ&A(金融庁)

森・濱田松本法律事務所

森・濱田松本法律事務所は、国内案件・国際案件の双方において、 高度の専門性と豊富な経験・実績を有する大規模法律事務所です。 常にクライアントの皆様の期待に応え、「選ばれる事務所」であり続けることを目指しています。


NEXT STORY

株式対価M&Aを促進するための措置の創設(令和3年度税制改正)

株式対価M&Aを促進するための措置の創設(令和3年度税制改正)

2021/01/20

2020年12月21日に令和3年度税制改正大綱が閣議決定され、株式対価M&Aを促進するための措置が創設される。これは2019年12月に成立した改正会社法により、組織再編行為に新たに追加された「株式交付」制度に対応したもの。