金融商品取引法の記事一覧

アジア開発の「東京機械製作所」株買い占めはTOB違反ではないのか?

アジア開発の「東京機械製作所」株買い占めはTOB違反ではないのか?

アジア開発キャピタルとそのグループ会社が東京機械製作所の株式を買い占めていますが、TOBを実施しないで買い増しするのは、法律違反ではないのでしょうか。TOB実務に詳しい柴田堅太郎弁護士が疑問に答えます。

記事を読む
インサイダー取引に関して業務提携等(重要事実)の決定時期が争点となった裁判例

インサイダー取引に関して業務提携等(重要事実)の決定時期が争点となった裁判例

今回は、インサイダー取引に関して業務提携等(重要事実)の決定時期が争点となった裁判例をご紹介します。東京地裁は1月26日、金融庁長官による課徴金133万円の納付命令を取消す判決を下しました。

記事を読む
【M&A】公開買付けに関する金商法施行令の改正等

【M&A】公開買付けに関する金商法施行令の改正等

2021年3月1日、改正会社法の施行等に伴う改正関係政府令等が施行・適用されました。株式公開買付け(TOB)に関しては、公開買付けの撤回事由への株式交付の追加(金商法14条1項1号ハ)等が行われました。

記事を読む
澤田ホールディングスのTOB期間延長はいつまで?

澤田ホールディングスのTOB期間延長はいつまで?

澤田ホールディングスの株式公開買付け(TOB)が異例の10回目の延長となったことで話題を呼んでいます。延長の狙いはどこにあるのでしょうか。

記事を読む
3名の逮捕者を出した「清く、正しく、まじめなナイス」の粉飾決算

3名の逮捕者を出した「清く、正しく、まじめなナイス」の粉飾決算

2019年7月25日、すてきナイスグループの元代表取締役会長(兼最高経営責任者)の平田恒一郎氏、元代表取締役副会長の日暮清氏、元取締役の大野弘氏の3名が金融商品取引法違反により横浜地検に逮捕されました。

記事を読む
一定割合の株式取得で提出が必要となる「大量保有報告書」とは?しっかり学ぶM&A基礎講座(54)

一定割合の株式取得で提出が必要となる「大量保有報告書」とは?しっかり学ぶM&A基礎講座(54)

大量保有報告書は株式等保有割合が5%を超えた場合に提出が求められる書類です。そのため、M&Aが行われる場面や資産運用会社が日本企業株を買い増している場面などで登場する用語でもあります。

記事を読む
どこからどこまで?インサイダー取引の線引きとは しっかり学ぶM&A基礎講座(44)

どこからどこまで?インサイダー取引の線引きとは しっかり学ぶM&A基礎講座(44)

インサイダー取引は会社の中枢や特定の部署だけに関係するものというイメージを持たれることがあります。改めてインサイダー取引とはどのような取引であり、どのような規制や罰則が設けられているのかを紹介したいと思います。

記事を読む