MARCH 2020

継続するCOVID-19の世界的な広がりによる事業の中断その他損失は、合計で数十億ドルになると見込まれています。保険業界は、損害保険契約者によるCOVID-19に関係する事業の中断に関する保険請求を断念させるため、当該損失が「補償範囲外」であることを広範囲に宣言しています。損害保険契約者は、このような保険業界の姿勢に疑いを持ち、多くの損害保険を通じてCOVID-19に関係する事業の中断による損失について回復できる方法が潜在的に存在しているという事実に留意すべきです。

本記事は、新型コロナウィルスに関係する保険の適用に関し、日本企業にとっても有用な情報ですので、紹介します。詳細は、Jones Day Commentary “Policyholders Should Anticipate and Prepare to Defeat Insurer COVID-19 Coverage Denials”(オリジナル英語版)をご参照下さい。

弁護士 森 雄一郎
弁護士 堀池 雅之

ジョーンズ・デイ法律事務所 アラート「保険契約者は、COVID-19に関する補償を拒否する保険会社の主張を争うため、事前準備すべきである」より転載

ここに記載されている見解および意見は執筆担当者の個人的見解であり、法律事務所の見解や意見を必ずしも反映するものではありません。