GYAO!だけじゃない、YouTubeも…動画配信サービスの黄昏

alt

動画配信サービスに「冬の時代」がやって来た。国内動画配信大手のGYAO!(東京都千代田区)が、2023年3月末で全サービスを終了すると発表したのだ。2月13日に「GYAO!ストア」での販売を終了し、3月31日の17時以降は購入済みの商品も視聴できなくなる。「老舗」すら立ち行かなくなるほど、動画配信ビジネスは苦境に立たされている。

老舗の「GYAO!」が3月末で終了

GYAO!は、2005年4月にUSEN(東京都品川区)が立ち上げた無料映像配信サービス。2009年に「Yahoo!動画」を提供していたヤフー(東京都千代田区)の子会社となり、両社の動画サービスが統合された。視聴作品ごとに課金する「GYAO!ストア」はあったが、動画配信のサブスクリプション(月額使い放題)化の流れを受けて、2016年2月に月額見放題プラン「プレミアムGYAO!」をスタートする。

ところが、すでにhuluやネットフリックスをはじめとする動画サブスク配信の先行組が存在し、視聴可能なコンテンツも似通っていた。後発組だった「プレミアムGYAO!」の契約数は伸び悩む。2年後の2018年2月には同サービスを終了した。「GYAO! ストア」は残したものの、無料の映像配信サービスに力を入れることになる。

しかし、無料配信サービスもテレビ朝日系の「AbemaTV」(一部有料)や民放各局の「TVer」などに押されて苦戦。そもそもサブスク配信モデルを断念した時点で、GYAO!の命運は尽きたと言えるだろう。無料サービスモデルでは広告収入に依存することになるが、動画広告はYouTubeやTikTokといったグローバル動画プラットフォームが圧倒的に強く、GYAO!が参入できる余地はなかったからだ。

巨大動画プラットフォームといえども、安穏とはしていられない。YouTubeは2022年7−9月期に創業以来初めて広告売上高が前年同期を下回った。マイナス幅は1.8%と小さかったが、親会社の米アルファベットは直ちに動いた。YouTube内で商品を購買できる「ライブショッピング」の強化などの増収策を打ち出した。

ただ、そうした取り組みはYouTubeの増収にはつながっても、視聴者を呼び寄せる効果は期待できない。人気YouTuberからも、このところの視聴回数の激減を指摘する声が上がっており、ネット上で「動画離れ」が進んでいることが浮き彫りになっている。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

Netflix(ネトフリ)でしか観れない!おススメ3作品

Netflix(ネトフリ)でしか観れない!おススメ3作品

2022-03-19

有料会員数が世界で2億人を超え、現在最も人気のあるストリーミングサービスといっても過言ではない「Netflix(ネットフリックス)」。今回は、過去に賞レースで話題となったオリジナル3作品をご紹介します。