一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(24)

alt
ロシア軍の侵攻に徹底抗戦するウクライナのゼレンスキー大統領(Photo By Reuters)

前回はユダヤ陰謀論を流布した「シオン賢者の議定書」について解説した。そして、このフェイク本に大いに触発され、かつこれを自らの信念の実現に大いに利用できると考えた男が、ドイツ帝国で急速に台頭する。アドルフ・ヒトラーだ。(出所:アドルフ・ヒトラー「我が闘争 第11章 民族と人種「シオンの賢人」)ヒトラーが率いたナチスドイツは、「積極的キリスト教」運動を展開する。

そしてホロコーストが起きる

これは、それまでのキリスト教社会のユダヤ教徒に対する姿勢は「消極的」であるとして既存のキリスト教を否定し、より「積極的」にユダヤ教徒をキリスト教社会から取り除かなくてはならないとする運動である。

ヒトラーはキリスト教社会の中で繰り返されてきた「起承転結」を伴うディアスポラの物語に「最終的」かつ「完全に」終止符を打つと決心する。その手段は1492年のイベリア半島でカトリック両王が決断したような「追放」ではなく「民族の完全抹殺」だ。この決断が、どのような行動と結末を招いたかは言うまでもない。

ドイツにおけるナチスの台頭の原因を、積極的キリスト教運動やシオン賢者の議定書のみに求めるのは言うまでもなく間違いだ。

ケインズが「平和の経済的帰結」で指摘した過酷すぎる戦後賠償負担含め、様々な複合的要因があることは言うまでもない。しかし、ロシアが戦略的に流布した偽情報(シオン議定書)がヒトラーをインスパイアしたことは間違いない。

そして、そのヒトラーはロシア革命後に成立したソビエト連邦と対峙し、ウクライナを含む東欧の地で猖獗を極める独ソ戦を戦うことになるのだ。ロシアが自ら発したフェイクニュースの影響を受けた化け物が、今度は自分に向かってくる。これは大いなる歴史の皮肉ともいえる。

ユダヤ陰謀論を流布したフェイク本「シオン賢者の議定書」に触発されたヒトラー(Photo By Wikimedia)

このように歴史を振り返ってみたときに、現在のウクライナ侵略戦争においてひとつ気になることがある。侵略者プーチンは、なぜこの戦争の目的として「ネオナチとの闘い」を標榜するのか、ということだ。そもそも現在国民を勇敢に鼓舞し、キーウに留まって戦うゼレンスキー大統領は、ユダヤ系ウクライナ人だ。

にもかかわらずこの戦争を「ナチズムとの闘い」と呼ぶことは一見どう考えても矛盾している。ありもしない戦争正当化の理由を、最もらしく吹聴するための方便なのか。その可能性は高いだろう。しかし、ここではこうした見方に加えて、少し異なる2つの視点からも考察してみたい。

西澤 龍 (にしざわ・りゅう)

IGNiTE CAPITAL PARTNERS株式会社 (イグナイトキャピタルパートナーズ株式会社)代表取締役/パートナー

投資ファンド運営会社において、不動産投資ファンド運営業務等を経て、GMDコーポレートファイナンス(現KPMG FAS)に参画。 M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、JAFCO事業投資本部にて、マネジメントバイアウト(MBO)投資業務に従事。投資案件発掘活動、買収・売却や、投資先の株式公開支援に携わる。そののち、IBMビジネスコンサルティングサービス(IBCS 現在IBMに統合)に参画し、事業ポートフォリオ戦略立案、ベンチャー設立支援等、コーポレートファイナンス領域を中心にプロジェクトに参画。2013年にIGNiTE設立。ファイナンシャルアドバイザリー業務に加え、自己資金によるベンチャー投資を推進。

横浜国立大学経済学部国際経済学科卒業(マクロ経済政策、国際経済論)
公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員 CMA®、日本ファイナンス学会会員

コラムに関する質問・問い合わせ・弊社サービスに関するご相談は、以下にご連絡ください。
ignite.info@ignitepartners.jp


NEXT STORY

一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(23)

一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(23)

2022-03-29

今、再び大きな歴史の転換点とも言える出来事が起きている。今回はロシアによるウクライナ侵略戦争について言及する。ウクライナが位置する東欧は、このコラムの主題のひとつである反ユダヤ主義やユダヤ陰謀論の歴史舞台の一つの核ともいえる場所だからだ。