トップ > 調べる・学ぶ > 連載 > 間違いだらけのコーポレートガバナンス >一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅦ|間違いだらけのコーポレートガバナンス(18)

一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅦ|間違いだらけのコーポレートガバナンス(18)

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

前回のコラムでは「キリスト教が金利を禁じたから、ユダヤ教徒の金融業が栄えた」という通説はフェイク(偽り)ではないかという筆者の考えを述べた。ただし、一方でユダヤ教徒が貿易業などの本業を営みつつ、副業もしくは多角化の一環として金融業を早くから営んでいたことも事実だ。

ここからはユダヤ教徒の金融業の発展過程とその背景について書いてみたい。キーワードは「宮廷ユダヤ人」だ...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY