一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅦ|間違いだらけのコーポレートガバナンス(18)

alt

前回のコラムでは「キリスト教が金利を禁じたから、ユダヤ教徒の金融業が栄えた」という通説はフェイク(偽り)ではないかという筆者の考えを述べた。ただし、一方でユダヤ教徒が貿易業などの本業を営みつつ、副業もしくは多角化の一環として金融業を早くから営んでいたことも事実だ。

ここからはユダヤ教徒の金融業の発展過程とその背景について書いてみたい。キーワードは「宮廷ユダヤ人」だ。そして舞台はイベリア半島(現在のスペインとポルトガル)である。

ユダヤ金融は誰にお金を貸したのか

まず、ユダヤ教徒による金融ビジネスの顧客(借り手)は誰だったのか。簡単に整理したい。最もシンプルな金融業の分類は「リテール」と「ホールセール(法人・団体向け)」である。まず、リテール金融について触れてみよう。

株式会社が発明されたのは1600年代初頭である。だから、中世ヨーロッパには現在で言うところの「法人」は存在しない。ほとんどの融資は「リテール」に分類されるだろう。キリスト教の自営業者向けの小口融資である。

例えば農家。種子や農工具などを仕入れて農作物を栽培し、収穫して販売する。当然そこには運転資金需要が発生したはずだ。キリスト教徒の貿易商人もそうだろう。売掛金の回収までの運転資金需要がある。もう少し大きな設備投資(倉庫や船の整備)などのニーズもあったかも知れない。

こうしたリテール金融は、主としてユダヤ教徒の医師やラビ(律法学者)、中小規模の貿易商人たちが資金を提供していたようだ。あくまで正業を営みながら、リスクの許容範囲内で異教徒社会の資金ニーズを満たしていたと考えられる。

中世最大の借り手は「豪族・王室」

では「ホールセール」融資はどうだったのだろうか。法人という概念は中世では存在しないが、強大な力を持った団体や一族は当然存在した。地域を抑える有力な豪族、そしてその頂点に立つ王室である。

ユダヤ金融最大の借り手は王族たち支配層だった(Photo by DMCA

中世の国々の王室・王朝の最大の資金ニーズは何だろうか。それは言うまでもなく「戦争」である。戦費の調達、これこそが中世欧州の王室が常に頭を悩ませ、この成否によって王国の栄枯盛衰が決まる最重要事項だったといって良いだろう。

8世紀~11世紀の中世時代。イベリア半島は基本的にイスラム勢力が優勢で、キリスト教社会はバルセロナなど一部の地域に限定されていた。キリスト教勢力はイベリア半島からイスラム教徒を掃討し、半島をキリスト教勢力下に取り戻す活動「レコンキスタ」(再征服運動)を推進する。イベリア半島で覇権を握るためには、イスラム教勢力も、キリスト教勢力も、莫大な戦費の調達が必要だった。

イスラム教王国もキリスト教諸侯も、この目的の達成のために、異教徒のユダヤ教徒を支配下に置き、彼らの財産と知恵をフル活用することが必要だった。イベリア半島のユダヤ教徒は、ユダヤ教から派生したこの二つの勢力の間で翻弄され続けることになる。

NEXT STORY

コーポレート・ガバナンス虚偽記載事件(日本フォームサービス)

コーポレート・ガバナンス虚偽記載事件(日本フォームサービス)

2020/12/27

今回は、本年11月27日に監査法人と公認会計士に対する金融庁処分が発表された東証JASDAQ(スタンダード)上場の日本フォームサービスによる虚偽記載事件についてお話したいと思います。