一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(22)

alt
スペイン・バルセロナのコロンブス像

一国の歴史を紐解くと、大きな流れの結節点とも呼べる「運命の年」が存在する。例えば日本で「天下分け目」といえば、だれでも1600年の関ケ原の戦いを思い浮かべるだろう。思想の巨人フランス系ユダヤ人のジャックアタリ氏によれば、スペインにおける「運命の年」は1492年だ。

スペインと世界における「運命の年」

アタリ氏はこの年を、スペインという一国家にとってだけではなく、世界史における「運命の年」として位置づけている。アタリ氏は、1492年にイベリア半島で起こった3つの出来事が、世界覇権の中心を中国から欧州列強へと転換させるトリガーとなり「近代の始まり」のきっかけとなったと述べている。(出典:ジャックアタリ「1492~西洋文明の世界支配~」)

運命の年、1492年にイベリア半島で起きた3つの出来事。それを一つずつ見ていこう。それは、「過去の総括」、「未来の喪失」そして、「黄金時代の始まり」である。

 一つ目の出来事「過去の総括~レコンキスタの完了~」

    まず、1492年の年明けに起きたのが「過去の総括」だ。レコンキスタ、すなわちイスラム掃討運動の完遂である。イスラム教もまたユダヤ教と同様、「ナザレのイエス」が「キリスト(救世主)」であるとは認めない一神教である。従って、キリスト教との対立は必然だ。イベリア半島は、711年にウマイヤ朝が侵攻して以来、実に800年余りにわたり、キリスト教勢力とイスラム教勢力が覇権を争った「動乱の半島」だった。しかし、13世紀以降キリスト教勢力が圧倒的優勢となり、この時点で実質的な大勢は決していたといえる。

    ところが、1237年にイベリア半島南部に成立したナスル朝グラナダ王国は、北に峻険なシエラネバダ山脈を天然の城壁とし、南はジブラルタル海峡を自然の堀として、堅牢な守備を誇った。そして、イベリア半島南部に現在も残る貴重なイスラム文化を醸成していった。世界最高のイスラム建築の一つ、アルハンブラ宮殿は、グラナダ王国の遺産である。イベリア半島のキリスト教勢力にとって、このグラナダ王国の存在は、いわば「のどに刺さった小骨」のような存在だったといえる。

    この小骨を抜き取るために、決定的な契機となったのが世紀の政略結婚だ。レコンキスタ運動でイスラム勢力と戦いつつ、キリスト教勢力間でも覇権争いが長く続いたイベリア半島の情勢は、一組のカップルが成立することで決定的な転機を迎える。カスティーリャ王国の王女イザベルと、アラゴンの王子フェルディナンドの結婚である。

    2人は1469年に、それぞれ18歳と17歳の若さで結婚。カスティーリャ=アラゴン連合王国、のちのスペイン王国の誕生へとつながっていく。2つのキリスト教王国は、共通の敵、イスラム教徒をイベリア半島から完全に放逐すべく、手を握ったのだ。そして、政略結婚から23年後の1492年1月6日。カトリック両王は、万雷の歓声の元、グラナダに入城したと伝わる。圧倒的優位を背景とした、無血開城だった。(出典:同上)

    NEXT STORY

    一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(21)

    一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(21)

    2021/09/25

    1347年に欧州に上陸したペストは、ほどなく南欧イベリア半島に到達する。そして欧州各地で繰り広げられた惨劇が、この地でもまた繰り返される。ユダヤ教徒は隔離されたゲットーで生活し、衛生面や食事面でユダヤ教の厳しい戒律(コーシャ)を守っていた。